南瓜と鶏の煮物

 オリンピックも開会まで秒読み、というセリフを聞いてさすがに今から本当に秒を読んでいたら洒落にならないだろうと不毛なことを考える夜中料理野郎です。あと何日と言われようとあと何秒と言われようと実質的には変わらないわけですが、同じだからといって20歳と120ヶ月とかいう表現になると、いきなりインチキっぽくなるのはなぜなんだろうと実に不毛な思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかひじきとひき肉の甘口醤油炒め

 業務連絡から入りますがだいたい8月9日あたりから21日くらいまで、夏休みとそれに伴う食材整理のため夜中料理をお休みする予定です。休むことは決まっているのに休んで何をするかが決まっていないというのはお約束に近いものがありますが、この時点でその体たらくではずるずる過ごしてしまいそうなことまでお約束的に確定してしまいそうですとしょーもない実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西北風肉野菜炒め

 梅雨が明ければ明けたで暑いの何のと不平を言い、夏休みに入ったおかげで学生がやや減った通勤電車はスペース的にゆとりができた一方で平均年齢が高くなってくたびれ感が増している、などと言いつつ平均年齢もくたびれ感も自分が押し上げていることは棚に上げている夜中料理野郎です。休日だったにもかかわらず早く夏休みが来ないものかと不毛な願望をただ漏れに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒲焼と春雨の炒めたの

 今年の土用の丑の日は土曜ですという今どきオヤジでも言わないようなフリから始めてみたりしますが、鰻クラスになったらできれば落ち着いた雰囲気で食べたいと思う夜中料理野郎の場合、丑の日当日しかも週末という状況で鰻屋に行くシチュエーションは回避の一択だったりします。夜中にひとりで鰻を食べるシチュエーションが落ち着いているのかうらぶれているのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パプリカの甘酢漬け(洋風)2016

 スマホを持って屋外を歩くとモンスターやアイテムがゲットできたりするとかいうゲームの配信が開始され、普段は閑散とした場所に大勢の人が押し寄せて周辺住民が困惑したり、ながらスマホでけがをした人が出たりといった現象が発生しているそうです。夜中に料理するのとゲームのために夜中に屋外を徘徊するのとではどちらが健全なのだろうと漠然とした疑問を抱き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青椒土豆絲(ピーマンとじゃがいもの細切り炒め)

 気温が上がらないからか、そのせいで天気がスカッとしないからか、今もまだ梅雨明けしない関東地方の天気予報を見ながら来場所こそ、来場所こそと三場所くらい連続で言われ続けている大相撲の某横綱候補をふと連想してしまう夜中料理野郎です。スカッといってほしいものだと無責任に口にする奴に限って自分自身は番付外の存在だったりする点については意図的に無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青椒肉絲に見える酢豚2016

 擬装と偽装の境目にも当然グレーゾーンはあるわけで、小顔に見える髪型とか若く見えるメイクとかうるうるした瞳に見えるカラコンとかワンサイズ大きく見えるブラとか足が細く見えるコーディネートといったものは、効果の高さと当事者の考え方によって擬装にも偽装にもなりえるような気がします。夜中料理野郎は金持ちのイケメンですとすぐにばれる偽装を提示して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ししゃもの南蛮漬け

 汚いと小汚い、後者の方が小さいはずなのに嫌悪される度合いは同等以上のような気がします。気味悪いと薄気味悪いについても同様の感覚があります。しかし綺麗と小奇麗になるとそもそも同じ評価軸ではない気がしますし、器用と小器用に至っては、後者は確実に称賛されていない気がします。そんなことばかり考えている小賢しいノー炊飯器野郎が今夜もひとり、夜中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春雨と大葉の炒めたの2016

 業務連絡から入りますが所用のため次の日曜の夜中、ブログ記事的には月曜の更新をお休みいたします。ついに出勤時にセミの声が聞こえてきて、気象庁が特に言っていなくてもいよいよ梅雨明けかと実感し、その実感と暑さで職場に着く前にココロが折れている夜中料理野郎です。梅雨が明けても文面がスカッとしないのはこのメンタルが原因ではという声は聞かなかった…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大葉入りインチキ海老しんじょ

 6月の端午節から9月の中秋節まで3か月以上祝祭日のなかった中国生活に比べると、この月に海の日という祝日があることに意味もなく感謝したくなる夜中料理野郎です。というか上海から戻ってきたら今年から来月に山の日まであったりするわけで、そんな祝日いつの間に決まったのかと帰国後半年にして今更のように浦島太郎気分を味わいながら今夜もひとり、夜中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さやいんげんと油揚げの煮しめ

 西日本では大雨でいろいろと大変な方がおいでなのに、関東地方では水不足が深刻化していてまとまった雨が待ち望まれています。一方、世の中にはモテモテでいろいろと幸せな方もおいでなのに、夜中料理人生ではうるおい不足が慢性化していてラブリーなできごとが待ち望まれています。いい加減この手のネタもマンネリ化しているので目新しいネタも待ち望んでいます…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

鶏の味噌漬け焼き2016

 夜中料理野郎に中国赴任の経験があるように、夜中料理野郎の勤め先にも中国出身の方が勤務していたりします。当然いろいろな分野の仕事で中国語がらみの仕事もあったりするわけですが、中国出身の人に聞いた方が明らかに正確だろうと思うのに夜中料理野郎に話を持ってくる人もいたりします。日本語の怪しさでいえばどっこいだろうと思うのですがとオチをつけて今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ささみと春雨の味噌マヨネーズ和え

 東京都に住んでいる方は参院選を振り返る間もなく今度は都知事選だそうです。というよりも東京都知事の任期は4年なので次の都知事が任期をきちんと勤め上げると東京五輪の開催中に都知事選があるということの方が庶民的には心配事だったりします。そんなどうでもいい心配をする前に自分の4年後を心配するべきだというココロの声に耳をふさぎながら今夜もひとり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

豚肉の梅味噌焼き

 コードレスとワイヤレスは本質的に同じような意味の言葉であるはずだと思うのですが、コードレスマイクと書くとどことなく変な気分になりますし、ワイヤレスアイロンとかワイヤレス掃除機と書いてしまうとアイロンや掃除機が無線で遠隔操作できてしまうかのようなイメージになってしまったりします。人生に足りないのはプライスレスな何かなのだろうと薄々気づき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローズマリーチキンのハニーマスタードソース

 朝からさくっと投票に行ってきたものの18歳19歳の人を見かけたかと問われれば、時間帯の問題なのか地域的な傾向なのかあまり見かけませんでしたというのが正直なところだったりします。まあ日曜なので制服で投票に来る高校生がいたりするわけがなく、若い人に見えないだけで実は若い人がいたのかもしれないとあいまいな記憶を反芻しつつ今夜もひとり、夜中に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

銀鮭のザンギ風

 既に日付は変わっていますが7月7日は七夕でした。中国では牽牛と織女にちなんで男女がデートする日とされていたので、おひとりさまの夜中料理野郎には日本の七夕が実に風情のある美しいイベントに思えたりします。とはいえ短冊に書いて笹に吊るせば願いがかなう、と思えるようなメンタルは今さら持っていなかったりするのですがと身も蓋もないことを書いて今夜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラタトゥイユ2016

 今月中に何とかしなければならないものは仕事にもいくつかありますが、Windowsを10に無料アップグレードできるのも今月の28日が期限だったりします。一部で古いソフトが動かないとか何とか言われてはいるものの、勤め先のPCが10になってから戸惑うのも避けたかったりするわけで、選挙より難しい選択かもしれないとトボけたことをほざいて今夜もひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

条茄(ヘビナス)と舞茸の揚げびたし

 ロンドン・フィルとロンドン交響楽団は違う楽団です。東京交響楽団と東京都交響楽団も違う楽団です。ただオーケストラの名前くらいなら紛らわしさも許容できますが、支持する政党を持たないことと混同してしまいそうな名前をつけた政党があるという紛らわしさはどうなのだろうと思ってしまう夜中料理野郎です。そもそも自身が支持されない身分であることには目を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いんげんとじゃがいもと鶏のグリーンカレー風

 世間はボーナスのシーズンです。勤め先の世間体と自分の名誉のために書いておきますが、純然たるサラリーマンの夜中料理野郎にも一応ボーナスと呼べるものが存在します。おそらく一般家庭ではボーナスが出ると食卓が豪勢になったりレジャーの準備をしたりするのでしょうが、一般人という自覚はあっても家庭というものと縁遠いため何も変わらぬ日常が流れています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

条茄(ヘビナス)とひき肉のホイコーロー風

 上海時代に向こうで知り合った日本人の知り合い、という人々が夜中料理野郎にもいます。そのうち何人かは私のように既に日本に戻って来ていて、連絡を取り合って顔を合わせたりすることもあります。裏を返せば何の示し合わせもなくばったり再会するというのはまずありえないわけで、仮に出くわしてしまったらどうすればよいのだろうと不毛なことを考えながら今夜…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more