爆炒荷蘭豆(スナップえんどうの速攻炒め)

 お天気が心配な地域も多いと思いますが今週の水曜日、6月6日は金星の太陽面通過が観測できる日です。今回を逃すと次は105年後まで見られないということなので、一般的な寿命の人なら人生的に最後のチャンスになるようです。もしも現時点で人生最後のとあるチャンスを見逃していたら100年後もおひとりさまなのだろうかというしょーもない不安と戦いながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 炎と戦う爆炒シリーズ、スナップえんどうで。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜なら1.5人前くらいのひとりぶん)
 スナップえんどう…16さや(平均L95mm、計約80g)
 長ねぎ…みじん切りで大さじ1くらい(φ20mm×L40mm、約10g)
 塩…適宜(例として小さじ0.25強)
 日本酒…小さじ2
 炒め油…ごま油大さじ1

(作り方)
(1)スナップえんどうは筋を除去します。長ネギをみじん切りにしてスタンバイ。

(2)フライパンにゴマ油で全開の強火、スナップエンドウを炒めます。焦げないように動かしながらちらほらと焼き目がついてきたら日本酒を振り、やかましい蒸発音が落ち着いたら塩で味つけします。最後にネギを加えたら全体になじむまで炒め合わせて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 恒例の無理矢理カタカナ表記はバオ・チャオ・フー・ラン・ドウ。スナップえんどう限定ではなく、さやえんどうを含むえんどう豆全般の呼び方みたいです。実のところ「荷」はカタカナにしづらい発音ですがそんなの文字では伝わりませんし、「蘭」という字も本来は「兰」と書くのですが表示可能かどうか分かりません。いつもなら味つけの角を取るために砂糖なんかをちょっとだけ入れるんですが、はっきりした甘みのスナップえんどうに砂糖はちょっとね、とも思うわけで、日本酒を入れている理由はその辺だったりします。筋を取ると炒めているうちに分解してしまうものもあるのですが、それもまたご愛嬌くらいの感じで。

 もう一丁は鯖みりんです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 見逃すくらいなら空振りしたいものです。


 ボールを投げてくれる人がいればの話ですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック