舞茸の生姜焼

 複雑系という考え方があります。すごく乱暴に説明すれば、難しいことをシンプルに考えようという主張も理解するけれど本当に難しく考えるべきことは難しく考えるべきであるという主張のことで、技術職で理系人間なのに常に低い方に流れていく夜中料理野郎にとっては耳とココロの両方が痛い言葉だったりします。処理機能が追いつかないのでシンプルでいいですかと理系にあるまじき発言をして今夜もひとり、夜中に料理します。

 だって今夜はスーパーシンプル。舞茸です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

→レシピブログ

(分量:居酒屋の突き出しなら4個分くらいのひとりぶん)
 まいたけ…1パック(約100g)
 しょうが…1.25片くらい(約20g)
 細ねぎ…見映え
 しょうゆ…大さじ1
 炒め油…サラダ油大さじ1

(作り方)

(1)舞茸は石突を切り落として適当にばらします。生姜は雑でいいので千切りにします。見映えの細ネギを小口切りにしてスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油で全開の強火、舞茸と生姜を炒めます。生姜が焦げるかも、くらいの感じまでサッと炒めて醤油をじゅわっと入れたらザッと炒め合わせて完了。盛りつけて細ネギを散らします。

画像


 網で焼いて生姜醤油で食べますって書いてしまうとレシピにならないだけだろというツッコミは甘んじて受けます。確かに基本はそのイメージ、違うのはフライパンだと一度に大量に作れることと、たっぷりの生姜を千切りにしているので単なる薬味ではなく食材として、きのこのシャッキリ感とはまた違う生姜のシャキシャキと風味を楽しめること。しょうゆ味は濃いめの方が合います。全開強火なら加熱時間30秒程度、舞茸の食感をしっかり残すのがおいしいです。

 最近、味噌漬け系が来てます。秋鮭で西京焼き。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。





 オマエがおひとりさまなのはお前がダメ人間だからだ。


 シンプルに考えるとそうなってしまうと理解しています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • マイタケ

    Excerpt: 同じ料理でも作り方、レシピは人それぞれ。あなた好みの味、調理法がみつかるように、できるだけ多くの情報を集めてみました。 Weblog: みんなの料理レシピ racked: 2011-09-13 18:08