テーマ:スーパーシンプルメニュー

うずらの味つけ煮玉子

 来年の話をすると鬼が笑うと言いますが、いい加減この時期になると来年の話じゃなくて来月の話だと言い張れば鬼に笑われずに済むのではないかと実にどうでもいいことを思い浮かべる夜中料理野郎です。しかし実のところ笑われる人生には慣れているので、今さら鬼に笑われたところでそれほどダメージは深くないのですと本当にどうでもいいことを書き連ねて今夜もひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青梗菜とベーコンの粒マスタード炒め

 プライベートが充実するとブログが疎かになる、という程度であれば楽しみにされている皆様どうも済みませんというレベルで済むと勝手に思っていますが(オイ)、一方でたまには少しくらい手の込んだ料理が作れる時間も欲しいなと思ったりする身勝手な夜中料理野郎です。しかしそんなことを彼女に申告したら完全に料理担当になってしまうのではないかと身勝手に煩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長ねぎと油揚げの炒めたの

 シルバーウィークと言っても有意義に過ごせるような予定がない夜中料理野郎にとっては、空模様が悪ければ家に引きこもっていれば済むわけですが、台風やそれに伴う風雨等で災難にお遭いの方々はさぞお困りのことと思います。もしかするとこのままシルバーウィークを引きこもったまま終わらせてしまうのではないかという軽い不安を覚えながら今夜もひとり、夜中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意式老“女乃”洋芋2016(雲南風ローズマリーポテト2016)

 南の海上で迷走しながら勢力を強めていた台風がそろそろマトモな進路に向かってくるかもしれない、と天気予報が言っています。それに引き替え人生レベルで迷走している夜中料理野郎は今も進路が定まらず、加えてその間に成長できているわけでもないという台風以下の体たらくだったりします。そしてラブリー面ではずっと台風くらいの土砂降りですといつものオチに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さやいんげんと油揚げの煮しめ

 西日本では大雨でいろいろと大変な方がおいでなのに、関東地方では水不足が深刻化していてまとまった雨が待ち望まれています。一方、世の中にはモテモテでいろいろと幸せな方もおいでなのに、夜中料理人生ではうるおい不足が慢性化していてラブリーなできごとが待ち望まれています。いい加減この手のネタもマンネリ化しているので目新しいネタも待ち望んでいます…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

紅のニラ豚2016

 長期休暇期間なみにひさびさの更新となりました。投票日の時点で帰国後半年を過ぎている夜中料理野郎も今回は選挙権があるわけですが、某集団アイドルの人気投票があった直後の選挙だけに、必ず一人一票というシステムがものすごく公正なものに感じてしまったりします。システムが公正でも世の中はある意味お金次第だったりしますがと世知辛いセリフでまとめて今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅法師(赤紫水菜)と油揚げの煮びたし

 業務連絡から入りますが今週は出張のため、夜中料理は本日のみとなります。再開はちょうど一週間後、6月26日の夜中の予定です。国政選挙と同じ名前の某集団アイドルの人気投票も終わり、世間でははるか昔にグラビアアイドルだった方が本当の選挙に出るの出ないのという話が交わされていたりします。国の未来は見えませんがアイドルの未来はそういうものなのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もやし炒め「しいたけ柚子こしょう」

 業務連絡から入りますが来週は出張が入りそうで、もしも最大日程で出張が組まれた場合、一晩くらいしか夜中に料理できない可能性があったりします。とはいえ常識で考えてみれば夜中に一人で料理しているよりも出張先で誰かと楽しく飲み食いできている方が人生的には豊かな気がしないでもないわけで、クオリティオブライフとかいうものを足りない頭で考えながら今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もやし炒め「おかかバターしょうゆ」

 タイミングとしては今さら的になりますが先月下旬、アメリカの某有名カリスマミュージシャンが他界しました。パッと見の外見は名前に対して実にミスマッチなのに音楽のセンスとパフォーマンスは名前にふさわしい、存在感のある人でしたと振り返りつつ、長いこと夜中に料理していながら存在感が希薄な自分自身のことをふと考えてしまって黙って下を見ながら今夜も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山東菜の海苔ごま炒め

 世の中のトレンドにはそれなりに気を配っているつもりでもジャンルによっては全くアンテナが働いていない夜中料理野郎は、世界から猫が消えたらどう思いますかという問いに、ドラ○もんの概念とサ○゛エさんのテーマソングが成立しなくなると答えてしまい、嘲笑を超えて可哀相な人だという目で見られたりしています。夜中料理が消えても世界はきっと変わらないと…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

カリフラワーと舞茸のさっと煮

 3月の最終週といえば送別会のハイシーズンだったりするわけで、夜中料理も今週は送別会が入っていて1日お休みする予定だったりします。さすがに1月に日本に帰ってきて3月に送別される側になるわけがなく送別する側だったりするわけですが、短いおつきあいだったので相手のいいところも見極めきれなかった半面、こちらのダメさ加減も知られずに済んでいますと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かぶとがんもどきの含め煮

 出勤時に焦って歩くと職場に着いた時点でココロのスタミナが半分くらいになってしまうため、余裕を持って早めの電車に乗っているわけですが、そんなことを考えている人の方が恐らく少数派なわけで、電車を降りてから改札を出るまでは人の流れに巻き込まれてせかせか歩かされている夜中料理野郎です。ちょっと早く歩く程度で目減りしてしまうバイタリティについて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

もやし炒め「海苔ゴマしょうゆ」

 ニュースのスポーツコーナーでオリンピックまであと○○日という常套句を耳にする機会が次第に増えてくると、4年前も確かに日本にいたのだなと改めて思うというか、前回日本でこの言葉を聞いたのはつい最近のような気がするのに記憶している場所と開催地が異なることに今さらながら浦島気分を味わう夜中料理野郎です。上海赴任のせいではなく歳を取っただけかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちくわとたまねぎのソテー・なんちゃってメキシカン

 冬だから寒いのは当たり前なんだと言われれば納得するしかないわけですが、まだ春じゃないから寒い日があって当たり前なんだと言われても全面的には納得できないわけで、3月も半ばというのに気温が上がらない関東地方に恨みごとを言う夜中料理野郎です。などとお天気のことで行数を稼いでおけばホワイトデーが何事もなく過ぎ去ったことを書かずに済むと姑息な心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちくわのしょうが焼き

 既に日付は変わっています。あの3月11日も金曜日で、同じように肌寒い日で、それでもあと少し頑張れば当たり前のようにいつもと同じ週末がやってくると思い込んでいた、当時の職場と顔ぶれをそんな記憶と一緒に思い出したりします。やはり日本では今も、ほとんどのメディアがあの日のこととその後のことを報じるのだなと改めて中国との違いを感じながら今夜も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小松菜としめじの煮びたし

 既に日付は変わって3月3日、桃の節句はひな祭りです。夜中料理野郎には男の兄弟しかいないのでぶっちゃけ人生の中で実に無縁なイベントのひとつなのですが、スーパーはホワイトデー用に切り替える前の陳列が予想以上に華やかだったりします。自分のお雛様を探す以前に自分自身がマトモなお内裏様になれるレベルにいるのだろうかといつもの不毛なことを考えつつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜の花とツナの粒マスタードあえ

 東京マラソンがあったりJリーグが開幕したりとスポーツ関連で大きなイベントが複数ありました。人生の特にラブリー方面においてイベントが期待できないことは誰よりも本人が知っていたりするわけで、マイナンバーカードを申請するために床屋に行ってから写真を撮ってきましたというのが関の山だったりします。これもパスポートみたいに定期的に撮り直すのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャベツと油揚げの煮びたし

 業務連絡から入りますが明晩の夜中料理は出張のためお休みいたします。よくよく考えてみれば世間は受験シーズンだったりするわけで、自分のことで精いっぱいだったとはいえ帰国当初に比べて通勤時間帯に目にする学生の数が減っていることに今さら気づく夜中料理野郎です。大丈夫、人生的に負け犬でもメシくらいどうにかなりますと実に不吉な気休めをつぶやいて今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポークソテー・四日市トンテキ風

 上海に赴任する際に主だった生活家電をすべて手放すしかなかった夜中料野郎は、日本に着いたらそれらを改めてそろえる必要があったりします。しかしまとめて買うとなると出費も馬鹿にならなかったりするわけで、洗濯機のためにローンを組むとかいう可能性まで頭をよぎったりします。テレビを携帯のワンセグで我慢しようかというところまで思いつめつつ今夜もひと…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

ちゃのきバター(チャノキダケのガーリックバター炒め)

 早く吐いて楽になってしまえ、というのは今やコントでもそうそう使われない刑事ドラマ的フレーズのひとつですが、帰任のお知らせを書くことができて一息ついた現在は悪いことをしていたわけでもないのに同じような気分だったりします。残り2か月を切ってはいるもののいっこうに楽になる気配の見えない下っ端駐在員の立場に軽くタメイキをつきながら今夜もひとり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豚ロース薄切り肉のソテー・ハーブ&レモン

 業務連絡から入りますが今晩の記事は二本立てです。つまり最新の記事のみをチェックされる方々にはスルーされる可能性もあるのですが、そういうところにこそ気を配るのがジャパン・クオリティを誇る日本人エンジニアとしてあるべき姿だと、こんなブログでなければ立派なことを書いてみる夜中料理野郎です。ぶっちゃけ量ることを除けば料理もそこまで気を配ってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

萵笋(茎レタス)の葉っぱのにんにくぽん酢炒め

 金曜とか土曜とか、いわゆる翌日が休みの日のお酒というのは往々にして度を越しやすいというのが定説というか、翌日も仕事がある日に比べてガードが甘くなっていることだけは確実だったりするわけで、ここ二日の休日の朝はどちらも体調不良に悩まされて反省していた夜中料理野郎です。朝反省したその日の晩にまた酒を過ごしている愚かさについては今更なのでとス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

草頭(アルファルファ)の泡盛炒め

 業務連絡から入りますが明晩の夜中料理、ブログ記事的には金曜日の夜中料理を所用のためお休みする予定です。既に過ぎ去った先月のことですが去年あたりはちらほらとしか見られなかったハロウィンの飾りが今年はけっこういろいろな場所で見られるようになり、おかげでハロウィンの中国語が万圣节(万聖節)だと知った夜中料理野郎で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘藍菜とちりめんじゃこの炒めもの

 業務連絡から入りますがかねてお知らせの通り、国慶節前休暇の食材整理の関係で明晩から夜中料理をお休みいたします。そして国慶節の休暇が明けると勤め先の引っ越しに伴う怒涛の出張者対応が待っているため、再開は11月に入ってからになる見込みです。そんなシメの記事になる割には食材整理のせいで実にしょぼいメニューになるのがお約束ですとオチにもならな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

茄子のバターソテー・ハニーバルサミコ味

 アパートメントのエントランスとエレベーターがルームカード認証式になったことは以前に書きましたが、2基あるエレベーターの片方はセンサーがなかなかカードを読み取ってくれなかったりするわけで、ドアが閉まっても動き出さない箱の中で何度もカードをかざしている夜中料理野郎です。ラブリー方面が動き出さないのも同じ理由なのかもしれませんと強引にこじつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴーヤーのジョン

 おそらく日本はこの週末から夏休みですという方も確実においでのはずですが、上海にある日系企業も意外と日本と同じ時期に夏休みを設定していたり、駐在員だけは交代で休みを取れたりするところがあるようです。無論、おひとりさま夜中料理人生の休日がどれだけ有意義かと問われると返す言葉もないのですけどくれるものなら休みは欲しいですと小市民的なことをつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶏毛菜の超適当ナムルもどき(夏用)

 セミファイナルというイベント用語があります。トーナメントでは準決勝の意味であり、格闘技などではメインイベントの前にある準メイン級の対戦のことを指しますが、最終レースのひとつ前がメインレースになっている日本の競馬にこの用語を持ち込むと、セミファイナルがメインイベントという意味不明の事態が発生したりします。ラブリー面では常に一回戦敗退のノ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

菜心と桜海老の炒めたの

 GW間近らしい暖かさというより暑さを感じるようになってきた上海、お約束通り衣替えタイミングの見極めの悪さでいい加減暑い、明日こそ初夏モードにすると先週くらいから誓い続けている気がする夜中料理野郎です。もちろん誓うだけでうまくいくはずなどなかったりするわけで、それは衣替えよりもラブリー面にはっきり現れていたりしますとどうでもいいことを白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆炒甘藍菜(甘藍菜の速攻炒めXO醤味)

 既に日付は変わっていますが3月5日は元宵節、旧暦における1年で最初の満月を祝う中国の節句でした。過去2年の経験では春節で使い切っていなかったのかと言いたくなるほど夜中に花火や爆竹が鳴り響いていたのですが、今年は真冬並みに冷え込んだうえにお天気も悪かったせいか盛り上がりも例年ほどではなかった気がします。人生の盛り上がりが今ひとつどころで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油面筋と青梗菜の洋風煮びたし

 某大手調味料会社によると、料理の腕前がめきめき上達するのは本気で始めてから2年くらいの間なのだそうです。そう考えると上海での自炊生活が2年を過ぎた夜中料理野郎も、目新しい食材等による伸びしろがいい加減なくなってきている気がしないでもなかったりします。ラブリーの伸びしろはまだある、俺はまだ本気出してないだけだと強がりを言って今夜もひとり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more