銀鮭のから揚げ甘酢あんかけ「なんちゃってカナディアン」

 6月に入ったので当たり前といえば当たり前なのですが通勤時に目にする学生さん達の服装が夏服になっていたりするわけで、ひょっとして今月からクールビズ解禁という会社もあったりするのかと思わず辺りを見回してしまう挙動不審の夜中料理野郎です。心配したほど変わっていない大人達の服装にほっと胸をなでおろしながら早く対応しようとココロの中だけでつぶやいて今夜もひとり、夜中に料理します。

 今では通年素材みたいです、銀鮭。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのガッツリひとりぶん)
 銀鮭(生)…2切(約140g)
 塩…ロス分コミで小さじ1弱くらい
 こしょう…好きなだけ
 薄力粉…大さじ/12
 片栗粉…大さじ1/2
 揚げ油…適宜
 ほか分量外…つけあわせの野菜類が適宜

[なんちゃってカナディアン甘酢]
 ケチャップ…大さじ1+1/2
 メイプルシロップ…大さじ1+1/2
 白ワインビネガー…大さじ1+1/2
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1/2強+水小さじ1/2

(作り方)

(1)銀鮭はひとくち大に切り分けて両面に塩を振り、30分くらいほっときます。ケチャップ・メイプルシロップ・白ワインビネガーを小鍋に入れ、しっかり混ぜておきます。薄力粉と片栗粉も混ぜた状態でスタンバイ。

(2)ケチャップ・メイプルシロップ・白ワインビネガーの小鍋を強火にかけます。沸騰したら水溶き片栗粉でとろみをつけ、火からおろしておきます。銀鮭は身から出てきた水気をキッチンペーパーでしっかり取り、胡椒を振ってから薄力粉&片栗粉の衣をしっかりまぶしてはたきます。

(3)後は揚げるだけ、180℃付近の油に銀鮭をゴロゴロと入れ、カラッと揚げます。一度キッチンペーパーの上に取り出して余計な油を吸い取ったらなんちゃってカナディアン甘酢としっかりからめて完了。つけあわせの野菜類と一緒に盛りつけます。

画像


 当初の予想を裏切って第三弾となったなんちゃってカナディアン、基本がケチャップ甘酢なのでレシピが次々と浮かぶようなことはないのですけど、洋食気分満載の甘酢に仕上がるので思いついたら作る感じで銀鮭に試してみた本日。上海赴任前からアトランティックサーモンはほぼ通年で目にしていましたが、上海赴任から帰ってきたら養殖というのか畜養というのか国産の生銀鮭が季節を問わず売っている、これは便利と思っていたりします。薄力粉は調味料がよくしみる反面衣がふやけやすく、片栗粉はカリッと仕上がる反面調味料はしみこみにくい、食感と味のしみこみやすさを両立させたくてブレンドしています。

 もう一丁はそら豆のナムル。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 今のうちに衣替えの準備をします。


 ヒトとして代わり映えしない点の方をどうにかしたい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック