扁豆(加賀つる豆)の天ぷら

 日本が盛大にお盆休みモードに入っていることをニュース等々で知っている身としてはこの時期の更新は実に身が入らない、クリームがスカスカのハズレのシュークリームのような気分で献立を考える夜中料理野郎です。とはいえ中国はごく普通に営業しているのでローカル市場で今日はコレがイケてるからコレを買え、といういつもの言葉をスカスカの頭で耳鳴りのように聞きながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 今年の夏のお気に入り、扁豆でお手軽に。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:男のひとりぶん)
 扁豆(加賀つる豆)…約145g
 薄力粉…小さじ1/2
 市販天ぷら粉…ロス分込みで大さじ1
 天ぷら粉を溶く水…大さじ1+1/3
 揚げ油…適宜

(作り方)

(1)扁豆はさやえんどうの要領でヘタと筋をしっかり除去します。下ごしらえの住んだ扁豆をボウルに入れ、薄力粉を振って全体に馴染ませたらスタンバイ。

(2)といっても後は揚げるだけ、170℃前後の油に入れたらカラッと揚げて完了。盛りつけます。

画像


 扁豆(加賀つる豆)の紹介はこちら。揚げものだからスーパーシンプルに分類しないだけで個人的には実にシンプルな本日、だからこそ気づいたのは日本にもある扁豆が意外とマイナーな理由は筋がきついこと、要は面倒でもひとつひとつ筋を取る下ごしらえが必須だからなのではないかということだったりします。とはいえそこをどうにかクリアすればクセがなく使い道の広い食材、シンプルに塩よりは塩+胡椒、塩+カレー粉も合うし普通の天つゆもよく合う、去年まで敬遠していたのは何だったんだと思っていたりします。

 もう一丁はポークです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 日本からの電話で仕事が増えないのがせめてもの幸いです。


 ラブリーな電話なら年中無休で受け付けているのですけど。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック