ネギだく酢醤油ビーフステーキ

 既に日付は変わっていますが8月24日は夜中料理野郎の誕生日でした。誕生日は高確率でステーキなのですが誕生日だからステーキくらい焼きたいねという心情は既に遠い昔に過ぎ去っていて、今では年に一度くらいステーキを焼きたいけど誕生日くらいしか口実がないという主客が転倒した状況になっていたりします。アニバーサリー不足の人生ですとぼやきながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 ということでステーキ。今年も和風で。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのひとりぶん)
 牛サーロインステーキ肉…約150g
 長ねぎ…約35g(φ18×L152mm)
 塩…適宜(例として小さじ1/10くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 しょうゆ…大さじ1
 穀物酢…大さじ1/2
 おろしにんにく…微量(小さじ1/10以下)
 練り辛子…好みで
 炒め油…サラダ油大さじ1+1/2
 ほか分量外…つけあわせの野菜を適宜

(作り方)

(1)長ネギはみじん切りにします。醤油・穀物酢・おろしにんにくはあらかじめ混ぜておきます。肉の両面に軽く塩とブラックペッパーを振ったらスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油で強めの中火、盛りつけるときに表になる面から肉を焼きます。いい焼き色がついたら弱火にしてひっくり返し、表面と同じくらい焼き色をつけたら取り出します。

(3)そのままのフライパンにみじん切りのネギを入れて炒めます。軽い焼き色が50%くらいついたところで火から下し、混ぜておいた醤油・酢・おろしにんにくをじゅわっと注いだらフライパンをゆすって一体化させて完了。ステーキを食べやすくカットしてつけあわせと一緒に盛りつけ、長ねぎ酢醤油だれをトッピングして辛子を添えます。

画像


 夏場のステーキなので、ガッツリこってりよりもさっぱりめ。辛子に酢醤油という取り合わせは関東だとところてんの味つけですが、焼売なんかでもおいしくいただける許容範囲の広い味つけです。主張の強い牛肉と合わせるのでタン塩+レモンみたいなイメージで長ねぎと少しだけニンニクを合わせた本日、酢の酸味成分である酢酸の沸点は約120℃なので、熱いフライパンにじゅわっと入れるとそれだけで酸味が飛びます。レシピの分量でおろしにんにくを入れる前に味見しておき、酸味を取りたくなければネギの上に注ぐ感じ、フライパンに直接当たる場所に投入すると角が取れる方向です。

 もう一丁は市販品を盛りつけなおしただけの超やっつけサラダです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 それでもやはり、どーんと肉レシピは気分が上がります。


 次のステーキはまた一年後なのでしょうか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

プドン
2015年08月25日 19:01
Zukiさん!

祝你生日快乐!
お誕生日おめでとうございます☆
ステーキもネギダレ(とお呼びして
良いでしょうか?)も美味しそうですね!
2015年08月26日 01:44
プドンさんこんばんは、非常感謝。

毎年焼いてる上に過去データがブログに残っているので、ステーキの焼き加減くらいなら確実に最適化できます。ひとりで食べてることが最適だと思ってはいないのですけど。
プドン
2015年08月27日 07:23
Zukiさん

あ、本当だ、毎年焼いてるんですね^ ^
わさび醤油のやつ美味しそうです!
良い一年になりますように!
2015年08月31日 02:55
プドンさんこんばんは、コメントありがとうございます。ええ、おめおめと毎年のように焼いております。

わさび醤油バージョンはお勧めですね。ステーキじゃなく薄切り肉とかでもおいしいと思います。
みんみん
2015年09月03日 19:13
Zukiさん!
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます!(ございました)
ステーキ、とっても美味しそうです~!
こんなに上手に私焼けません…あー!食べたいっ!
2015年09月07日 01:29
みんみんさんこんばんは、コメントありがとうございます。遅くなって済みません。

ステーキは一度焼き時間を計りながら作って、その時の焼き具合を記録しておくと、その応用で焼き加減もコントロールできますし、厚みに合わせた微調性も簡単です。まあストップウォッチ持って作るなんて私くらいでしょうけど(笑)。

この記事へのトラックバック