さんま蒲焼丼

 本日は、ごはんを炊こうと思います。

 シーズン終盤のサンマにすべり込み需要、蒲焼丼です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:男の大盛ひとりぶん)
 さんま(開き)…1尾(約80g)
 ごはん…大盛ひとりぶん
 日本酒…小さじ1
 山椒…好みで
 かいわれ…見映え
 炒め油等…サラダ油小さじ1

[蒲焼だれ]
 しょうゆ…大さじ1
 グラニュー糖…小さじ1.5強
 みりん…小さじ1

(作り方)

(1)サンマは2等分して酒を振り、5分ほど置きます。その間に湯飲み等の小さい容器にタレの材料を合わせ、電子レンジ(500W)で20秒加熱、熱いのに気をつけつつグラニュー糖を溶かしたら再び20秒過熱、アルコールを飛ばしてスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油で弱めの中火、サンマの水気をキッチンペーパーで取り、皮の面から焼き始めます。途中で出てくる余分な油をキッチンペーパーで念入りにふき取りながら皮の面をパリパリに焼き、それからひっくり返します。

(3)両面が焼けたらグッと弱火に落とし、タレの3分の1を入れて照りからめます。ひっくり返して更に3分の1のタレを入れ、同様に照りからめたら取り出します。温かいごはんに残り3分の1のタレをかけ、サンマを乗っけたら貝割れを添えて完了。好みで山椒を振ります。

画像


 お手軽簡単どんぶりもの。皮の面をとにかくしっかり、念入りに焼くのが唯一・最大のポイント。これは魚臭さが皮の付近に集中しているからで、魚の種類や和風・洋風に関係なく、皮つきの魚を焼く料理に共通する鉄則です。焼いている間に出てくる油をどんどんふき取ってしまうのも、出てきた油を皮が再び吸い込んで、風味と食感が落ちるのを防ぐため。油を取るとタレもからみやすくなります。タレは焦げやすいので弱火で。

 本日はサラダ・味噌汁つきセットです。和風ドレッシングと赤だしで。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。



 お天気は今イチですが、胃袋は満足です。

 これが本日の昼ごはん。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

SUZU
2009年10月03日 13:36
ZUKIさんてお店開けるのではないでしょうか

ごちそうになりたいお昼ごはんです ^^
SUZU
2009年10月03日 15:10
今日は引きこもり日なので 笑
(疲れきってるだけです)
いろいろ見させていただいて、
晩ご飯メニューを「キーマカレー」に決定!

白いご飯がなくても生きていける自分、本日は
カレーな気分です
パスタやジャガイモ、パンでもOKかしらん♪

お月様が現われることを期待しつつ
いざスーパーへ。。。
ruemamy
2009年10月03日 23:39
Zukiさん!
2人前、お願いします!!   

メニューもさる事ながら、ランチョンマットも気になります。
ん・・・好みのマット。
どちらでお買い求めになりました?

2009年10月05日 01:30
SUZUさんこんばんは。コメントありがとうございます。

 店は無理ですね。実家が商売やってますから、自分には無理だとゼロタイムで分かります。

 白米に依存しないのは私も同じです。そもそも炊飯器のない生活ですから。気が合うかもしれません。
2009年10月05日 01:33
ruemamyさんこんばんは、コメントありがとうございます。

二人前はまず、自分がそういう人生になってから考えます(笑)。

ランチョンマットは記憶が不明確ですが、たぶん「ニトリ」っていう家具屋さんです。それなりに全国チェーンだとは思うのですが。

この記事へのトラックバック