ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 豚茄子しめじのカレーオイスター炒め

<<   作成日時 : 2016/10/06 00:15   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 天然とポンコツとドジっ子はどう違うのかと問われれば醤油ちょうだいと言われてソースを渡してしまうのが天然、空き瓶と気づかずに渡してしまうのがポンコツ、手を滑らせて落としてしまうのがドジっ子らしいです。そんなものを区別することに頭を使うくらいなら、夜と夜中はどう違うのかに頭を使うべきではないかという天の声には気づかないふりをして今夜もひとり、夜中に料理します。

 ポンコツでも多分失敗しない、お気楽炒めもの。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのひとりぶん)
 なす…約215g(φ38×L195mm×2本)
 豚バラ薄切り肉…約125g
 しめじ…約65g
 カレー粉…小さじ1
 オイスターソース…大さじ1
 しょうゆ…小さじ2
 紹興酒…大さじ1
 水…小さじ2
 炒め油…サラダ油大さじ1
 ほか分量外…見映えの青みを適宜

(作り方)

(1)茄子はヘタを除去して食べやすいサイズの乱切りにします。豚肉は食べやすい大きさに切ります。しめじは石突を切り落として適当にばらします。オイスターソース・醤油・紹興酒・水はあらかじめ混ぜた状態でスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油で強火、豚肉を炒めます。しっかり色が変わるまで広げながら丁寧に炒め、色が変わりきったらひとまず取り出します。この時、炒め油と豚肉から出た油は可能な限りフライパンに残すようにします。

(3)油を残したフライパンで今度は弱火、切断面が下になるよう茄子を並べます。茄子が油を吸い始めたら別の断面が下になるよう転がし、しんなりするまでじっくり火を通します。

(4)ナスに火が通ったら後は一気、火力を強火に上げてしめじを投入し、油が均一に行き渡るよう炒め合わせたら豚肉を戻し入れます。そこにカレー粉を振り、香りが出るまでしっかり炒め合わせます。最後に混ぜておいたオイスターソース・醤油・紹興酒・水をじゅわっと入れたら、しっかりからむまで煮詰める感じで炒め合わせて完了。見映えの青みと一緒に盛りつけます。

画像


 カレーオイスターは以前からよくやるレシピですが、過去はオイスターソース・醤油・紹興酒が全部同量のオイスター炒めの味つけにそのままカレー粉を加えるレシピで、以前からおいしいけどちょっと濃い、また調味料の濃度が高いので気合で炒め合わせないと全体に行き渡らせにくい印象がありました。そこで醤油の量を微妙に減らし、合わせ調味料にも水を加えた本日、作りやすいし味のバランスも改善されたと自画自賛していたりします(笑)。豚肉から出た油も合わせて茄子にしっかり火を通すのがポイント。

 もう一丁はひじきです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 味も改善されて満足度の高い仕上がりになりました。


 ラブリー面のポンコツぶりも改善したいのですけど。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

豚茄子しめじのカレーオイスター炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる