ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶏けんちょう

<<   作成日時 : 2016/10/20 00:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 電話というのは実に便利なツールですが、料理している最中に彼女から電話がかかってきたりすると、手を離せない時などはけっこう往生したりします。だからといって放っておくわけにはいかないので、料理しながらも何とか対応しているわけです。とはいえ一度に二つのことをこなすのは大変で、いつかスマホを鍋に落としたりしてしまいそうだと危機感を抱きながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 定番煮物、新たなネーミングで。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:常備菜として仕込むひとりぶん)
 大根…約365g(φ74×L80mm)
 鶏もも肉…約130g
 豆腐…約250 g(約5/7丁)
 にんじん…約90g(φ47×L140mmの先端側100mm)
 水…適量(例として約250mL)
 しょうゆ…大さじ3
 さとう…大さじ2+1/3
 日本酒…大さじ3
 炒め油…サラダ油大さじ1
 ほか分量外…見映えの青みを適宜

(作り方)

(1)鶏もも肉は1cm厚みくらいにスライスします。大根とにんじんは皮をむき、約1.5〜2mm厚みのいちょう切りにしてスタンバイ。

(2)鍋を強火にかけ、サラダ油をなじませたら鶏肉を炒めます。鶏肉にしっかり火が通ったら大根とにんじんをゴロゴロと入れ、全体にまんべんなく油が回ってたまたま薄くなってしまった大根が透き通ったら水をじゅわっと注ぎます。

(3)煮立つ前に豆腐をちぎりながら投入し、煮立ったらアクを除去して強めの弱火に落とします。砂糖・醤油・日本酒を入れたら落としぶたをして大根が軟らかく煮えるまで煮込んで完了。えいっと盛りつけて、見映えの青みをあしらいます。

画像


 以前から大根とにんじんと豆腐と鶏の煮物という名前で紹介してきましたが、このメニューの基本は山口県のとある地域で「けんちょう」と呼ばれている煮物です。けんちょうの厳格な定義は知りませんが、けんちん汁とほぼ同じ材料構成でした煮物というのが私個人の認識で、多分語源も同一なのだと思います。基本はベジレシピ、肉や油揚げは各家庭レベルのバリエーションなのですが、鶏肉を加えることでメインにもなるパンチ力が加わるので、このスタイルにしています。一気の煮物なのでレシピ外のポイントはありません。

 もう一丁は塩鯖。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 電話しないで済むようになりたいと思っています。


 いや振られるのではなくできればいい方で。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

鶏けんちょう ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる