ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 茄子とツナのチャンプルー仕立て

<<   作成日時 : 2016/08/08 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 オリンピックが始まりました。予想通りや予想外の結果が出つつもメダルの報道もあったりして、地球の裏側の出来事にこんなに早く一喜一憂できるものなんだと思うと同時に、そう思うこと自体が昭和人類なのだということに思い至ったりします。がんばれニッポンという言葉を思い浮かべながらも自分は何を頑張ればいいのかと行き先を見失ったまま今夜もひとり、夜中に料理します。

 オリンピック中は非国民、をちょっとお休みして沖縄料理。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのガッツリひとりぶん)
 なす…約190g(φ40×L173mm×2本)
 ツナ缶(油漬)…大1缶(約130g)
 とうふ…約160g(W90×L42×H41mm)
 たまご…M玉1個(約65g)
 けずりぶし…ミニパック1袋(2.5g)
 泡盛…大さじ1
 しょうゆ…大さじ1
 みりん…大さじ2
 揚げ油…適宜
 ほか分量外…見映えの青みを適宜

(作り方)

(1)豆腐は重しをして水切りしておきます。ツナ缶はふたを開けて油をぎゅうぎゅうしぼっておきます。茄子は半分の長さに切って太ければ6等分、細ければ4等分にタテに切り分けます。卵は割りほぐし、調味料を用意してスタンバイ。

(2)茄子の油通し。180℃くらいの油に茄子を入れ、エッジにちらほらと揚げ色がついたらさっさと取り出し、キッチンペーパーの上に並べて余分な油を取っておきます。

(3)フライパンに油を入れずに中火、ツナ缶の中身をさっと炒りつけます。パラリとしてきたらナスを入れてざっと炒め合わせ、そこに豆腐を入れて崩しながら炒め合わせます。豆腐が温まってきたら泡盛をじゅわっと投入、アルコールの蒸発が落ち着くまで炒め合わせます。

(4)最後は仕上げ、醤油とみりんで味つけしたら溶き卵を入れてぐるぐる混ぜ、いい感じで玉子が固まったところで火から下ろしたら削り節を混ぜ込んで完了。盛りつけて見映えの青みをあしらいます。

画像


 ツナ缶は長期保存できますし卵や豆腐は使い道に困らない、つまり茄子がある時にとりあえずこれを作ればその後の食材整理に困らないというお手軽レシピ。使い切れる自信があればツナ缶はランチョンミートでもいいし普通の豚肉でもいい、というかその方がおいしくできると思います。ツナ缶も搾っているとはいえ油漬け、茄子も油通ししているので炒め油はゼロでも大丈夫、豆腐から多少は水分が出ますが調味料も含めて溶き卵と削り節に吸い取らせるので意外とカラリと仕上がります。

 もう一丁は南瓜と鶏の煮物。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 競技によっては敗者復活があったりします。


 基本が負け組なのでそれすら生かせないのでしょうけど。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

茄子とツナのチャンプルー仕立て ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる