ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS おかひじきとひき肉の甘口醤油炒め

<<   作成日時 : 2016/08/02 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 業務連絡から入りますがだいたい8月9日あたりから21日くらいまで、夏休みとそれに伴う食材整理のため夜中料理をお休みする予定です。休むことは決まっているのに休んで何をするかが決まっていないというのはお約束に近いものがありますが、この時点でその体たらくではずるずる過ごしてしまいそうなことまでお約束的に確定してしまいそうですとしょーもない実情を暴露して今夜もひとり、夜中に料理します。

 ひさびさの素材、おかひじき。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコの主菜ひとりぶん)
 おかひじき…約95g
 豚ひき肉…約125g
 しめじ…約65g
 長ねぎ…みじん切りで小さじ2くらい(約10g)
 にんにく…みじん切りで小さじ2くらい(約10g)
 あまくちしょうゆ…大さじ1
 炒め油…サラダ油大さじ1+1/2

(作り方)

(1)おかひじきはまず根元の方の硬そうな部分を切り落とし、次につながっていて食べにくそうなら適当に切り離し、最後に長くて食べにくそうなら適当な長さに切り分けます。しめじは石突があれば切り落として適当にばらし、長ネギとにんにくをみじん切りにしてスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油で中火、ひき肉を炒めます。火が通ったらしめじ・長ネギ・にんにくを入れ、ざっと炒め合わせたらおかひじきも入れます。おかひじきが半分くらいしんなりしたら甘口醤油で味つけして完了。えいっと盛りつけます。

画像


 マイナー野菜というイメージがあるおかひじき、上海時代は手に入るわけもなく、帰国後ひさびさの登場です。さっとゆでてサラダにしたりあえ物にしたりというレシピが実に多いのですけど、クセが少ないので炒めものとかでも余裕でいけますという本日。甘口醤油は関西以西でポピュラーな醤油ですが、明確な甘みと色の濃さ、そして超・本格を除けば糖類やカラメルを添加して再仕込みという製法も含めて、中国でポピュラーな「老抽」という醤油にそっくりだったりします。ちなみに夜中料理野郎は日本中の多彩な調味料が売られている店で福岡産のものを買いましたが、刺身用の醤油は成分的に類似なので、その辺のスーパーでも似たようなものは買える気がします。

 もう一丁は小松菜と揚げの煮びたしです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 予定を入れなければと思っています。


 ラブリーな予定を切実に募集します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

おかひじきとひき肉の甘口醤油炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる