ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 条茄(ヘビナス)とひき肉のホイコーロー風

<<   作成日時 : 2016/07/04 00:05   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 上海時代に向こうで知り合った日本人の知り合い、という人々が夜中料理野郎にもいます。そのうち何人かは私のように既に日本に戻って来ていて、連絡を取り合って顔を合わせたりすることもあります。裏を返せば何の示し合わせもなくばったり再会するというのはまずありえないわけで、仮に出くわしてしまったらどうすればよいのだろうと不毛なことを考えながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 そんな再会、条茄ことヘビナス。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:1.5〜2にん前相当のひとりぶん)
 条茄(ヘビナス)…約210g(φ28×L300×3本)
 豚ひき肉…約120g
 しょうが…みじん切りで小さじ2+1/2くらい(約12g)
 にんにく…みじん切りで大さじ1/2くらい(約7g)
 甜麺醤…大さじ1
 豆板醤…大さじ1
 オイスターソース…大さじ1/2
 紹興酒…大さじ1
 しょうゆ…小さじ1
 炒め油…大さじ1
 ほか分量外…茄子を油通しする油が適宜、見映えの青みを適宜

(作り方)

(1)ヘビナスはヘタを切り落とし、5cm長さくらいに切り分けたら太さに応じてタテ2等分または4等分にします。生姜とニンニクはみじん切り、甜麺醤・豆板醤・オイスターソース・紹興酒・醤油はすべて混ぜた状態でスタンバイ。

(2)揚げ鍋に油通しというか下揚げ用の油を入れ、180℃で茄子を揚げます。ほのかに揚げ色がついたら取り出し、キッチンペーパー等に並べて余計な油を落としておきます。

(3)そこからは一直線、深めのフライパンにサラダ油で中火、ひき肉を炒めます。ひき肉の色が変わったら生姜とニンニクを入れ、香りが立つまで炒めたら茄子を戻しいれてざっと炒めます。最後に混ぜておいた調味料をダッと入れたらしっかり煮詰まるまで炒め合わせて完了。えいっと盛りつけて、見映えの青みをあしらいます。

画像


 上海限定野菜だとばかり思っていた蘇州条茄、実はヘビナスという名前で日本でも昔から知られていて、10年位前からは種苗メーカーでも種を取り扱っているのだそうです。職場の同僚にご実家が農家という人がいて、試しに作ってみたからおすそ分けという形でいただいたのが懐かしいコイツ。他の同僚は何コレと言っていたのですが、こちとら去年まで上海のローカル市場で買っていただけに特性は既知、中華食材らしくしっかり油通しして仕上げる本日。普通の油通しは120℃くらいでやるんですが、このナスに限らず茄子は油をすごく吸うので、油切れがよくなるよう高温でさっと揚げ、キッチンペーパーで可能な限り余計な油を吸わせるのが得策だと思います。

 もう一丁は切干大根です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 上海時代の知り合いと思わぬ形で会ったわけです。


 ラブリーな出会いでない点が私らしかったりします。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Zukiさん

ニーハオ!笑
これ、ヘビナスっていうんですね。
プドンも上海時代に時々買っていました!

プドンより
プドン
2016/07/04 14:56
プドンさんこんばんは、コメントありがとうございます。そうですね、上海ではポピュラーな茄子です。

ヘビナスって呼び方も、日本で多少は知られていることも、帰国してGoogleが使えるようになって知りました(笑)。
Zuki
2016/07/05 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

条茄(ヘビナス)とひき肉のホイコーロー風 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる