ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ズッキーニの揚げ浸し

<<   作成日時 : 2016/06/29 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本の研究チームが命名権を取得した113番目の元素の名前がニホニウムと聞いて、もう少し何とかならんものかと考えてはみるものの、ヒノマリウムとかフジサニウムでは五十歩百歩、かといってもう少し踏み出そうとするとスペシウムとかドラエモニウムといったダメな方向に振れたものしか思い浮かばなかったりします。日本を代表するって難しいのだなと今さら思い至って今夜もひとり、夜中に料理します。

 気楽な立場で作ります、ズッキーニ。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのひとりぶん)
 ズッキーニ…1本(φ35×L240mm、約230g)
 かつおだしの素+お湯…だし汁として約225mL
 塩…小さじ1/3
 うすくちしょうゆ…小さじ1/2
 日本酒…小さじ2
 揚げ油…適宜

(作り方)

(1)ズッキーニはヘタと先端を切り落とし、ピーラーで縞模様に皮をむいたら1〜1.2cm厚みの輪切りにします。鍋にだし汁を入れて強火にかけて煮立て、塩・薄口醤油・日本酒を入れます。ひと煮立ちさせたら火を止めてスタンバイ。

(2)といっても後は揚げるだけ、160〜170℃の油にズッキーニを入れ、いい感じの揚げ色がつくまで揚げたら取り出してキッチンペーパーの上に並べます。余計な油を落として漬け汁に投入したら、できれば1時間以上味をなじませて完了。盛りつけて漬け汁も注ぎます。

画像


 実は今月の初めの方で焼きびたしを作っているのですが、その時の個人的な感想が揚げびたしの方がおいしそう、というものだったので(オイ)素直にそうした本日です。余計な油は落とすのですけどそれでも油の甘味とコクが入るので、漬け汁は甘さを抑えたすっきり味に。そのぶん焼きびたしよりもコクを感じるのに品のいい仕上がりで、箸が進んでピリオドの向こうまでズッキーニが食べられます。ハードルは揚げものという点だけ。

 もう一丁は昨晩のヅケ鰹の柚子胡椒マヨネーズあえ。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 自分が発見したらしょーもない名前になる気がします。


 その前に人生の相手を見つけるべきだと理解しています。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ズッキーニの揚げ浸し ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる