ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS たけのこの木の芽味噌炒め

<<   作成日時 : 2016/04/27 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 出版業界ではGWのおかげで発売が前倒しされる週刊誌があったりするおかげでGWの2週間前くらいが非常に忙しかったりするそうですが、職場ではGW明けに先送りされている案件がいくつもあるせいでGW直前になってもそのための準備でいっこうにココロが休まらない夜中料理野郎です。GW中も気を抜かなければいいという声にはできない相談ですと悲鳴を上げて今夜もひとり、夜中に料理します。

 そろそろタケノコも終盤、定番を炒めものにアレンジ。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:筍好きならひとりぶん)
 たけのこ(ゆでたもの)…1本(φ75×H135mm、約300g)
 白味噌…大さじ2
 みりん…大さじ1+1/2
 しょうゆ…小さじ1
 炒め油…ごま油小さじ2
 ほか分量外…あれば木の芽を適宜

(作り方)

(1)タケノコは根元側を1cm厚みくらいのいちょう切り、穂先部分はタテ4等分に切ったらキッチンペーパーで軽く水気を取っておきます。白味噌とみりんは混ぜた状態でスタンバイ。

(2)フライパンにゴマ油で強火、タケノコを並べて焼いていきます。できるだけ動かさずに焼き色をつけたらひっくり返し、もう片方にも焼き目がつくまで焼きます。

(3)両面に焼き色がついたところで醤油をじゅわっと入れてざっと炒め合わせ、香ばしい香りが立ったら火を止めます。最後に混ぜておいた白味噌&みりんを混ぜ込んだら余熱で軽く火を通して完了。あれば木の芽も混ぜ込んで盛りつけます。

画像


 たけのこの木の芽味噌和えは好きなんですが、薄味で炊いて和え物として作るとどうしても香ばしさが欲しくなる、そんな理由で過去は田楽よろしく焼いてからあえていたりしていたわけですが、それを更に一歩進めてゴマ油で焼き色がつくまで焼きつけ、醤油を焦がしてガッツリ香ばしい風味をつける本日。白味噌とみりんがはっきり甘口なので醤油でつける風味と軽い塩味がいい感じの下味になります。味噌は炒めすぎないよう火を止めてから、木の芽があるなら更にその後で。分量外にしていますが木の芽は風味がワンランク上がるので手に入るならぜひ。

 もう一丁は鯖みりんです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 GWはしっかり休みたいです。


 休んだ分だけダメ人間になるともいえます。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

たけのこの木の芽味噌炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる