ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛肉と小松菜のオイスターソース炒め

<<   作成日時 : 2016/03/04 00:59   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本のスーパーはひな祭りが過ぎたらホワイトデーです。卒業生と新入生が入れ替わるかのようにスーパーの陳列が入れ替わる今日この頃ですが、兄弟が男ばかりの上にバレンタインデーに何事もなかった夜中料理野郎にとってはどちらも他人事だったりします。この手のイベントと縁付くには恐らく結果にコミットするくらい真剣にやらなければならないのだろうと不毛なことを考えつつ今夜もひとり、夜中に料理します。

 当ブログ的ド定番、オイスター炒め。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:主菜1.5人前くらいのひとりぶん)
 牛細切れ肉…約125g
 小松菜…約145g(L300mmの大小7株)
 しめじ…1/2株弱(約85g)
 しょうが…みじん切りで大さじ1/2くらい(約7g)
 塩…適宜(例として小さじ1/8くらい)
 あらびきブラックペッパー…少々
 オイスターソース…大さじ1
 しょうゆ…大さじ1
 紹興酒…大さじ1
 炒め油…サラダ油大さじ1+ごま油大さじ1/2

(作り方)

(1)牛肉は大きいのが混ざっていたら食べやすく切ります。小松菜は根元を切り落として5cm長さくらいに切り分けます。しめじも同様に根元を切り落とし、適当にばらします。生姜はみじん切り、オイスターソース・醤油・紹興酒は混ぜた状態でスタンバイ。

(2)深めのフライパンにサラダ油とゴマ油で強めの中火、牛肉を炒めます。8割くらい色が変わったら塩とブラックペッパーで軽く味つけし、生姜を入れてざっと炒め合わせます。

(3)生姜の香りが立ったら強火、しめじと小松菜を入れて炒め合わせ、小松菜の葉っぱがしんなりするまで炒めます。そこに混ぜておいたオイスターソース・醤油・紹興酒をダッと入れたら汁気が少なくなるまで炒め合わせて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 調味料が全て同量という安易な比率のオイスターソース炒めは当ブログのド定番だったりしますが、あまりに安易だと自分でも思っているからか(笑)牛肉が登場する頻度は少なかったりします。上海時代は望んでも手に入らなかった日本内国産牛が細切とはいえ安売りしていたのでとりあえず飛びついてみた本日、牛肉の味が強いのでお酒の比率を増やすか一部をみりんに置き換えるかして、もう少しほんのりした甘さを出したうえで水溶き片栗粉でまとめると広東風に仕上げられたかなと思ったりもします。コツもポイントもありませんが安定した味わいです。

 もう一丁は切干大根です。

画像


 今やアイドルですら結果にコミットする時代です。


 カラダは鍛えられてもココロがダメダメのままだったりします。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

牛肉と小松菜のオイスターソース炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる