ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS かき菜の親子炒め

<<   作成日時 : 2016/03/30 00:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 業務連絡から入りますが昨晩軽くお知らせした通り、送別会のため明晩の夜中料理をお休みいたします。送別といっても同じ建物内での異動なのでつつましやかに行うのですが、異動といえば最低でも勤務先の住所が変わってきた夜中料理野郎的には、こういう超短距離の異動を一度は経験してみたかったりします。それ以前に栄転というものを経験したいのですがと無駄にぼやいて今夜もひとり、夜中に料理します。

 送別も異動も無関係、かき菜です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:一般論では2人前くらいのひとりぶん)
 かき菜…約205g(L250mm×12本)
 鶏もも肉…約125g
 たまご(M玉相当)…1個(約60g)
 日本酒…鶏肉の下味として大さじ1+1/2
 さとう…卵の下味として小さじ1
 塩…適量(例として小さじ1弱)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 炒め油…サラダ油大さじ1+追加で大さじ1

(作り方)

(1)鶏肉を1cm厚みくらいにスライスし、下味の日本酒をしっかりもみこんでも阿波分くらいほっときます。かき菜は根元をちょっとだけ切り落とし、約5cm長さに切ったら大体でいいので茎と葉を分けておきます。卵を割りほぐして砂糖を混ぜたらスタンバイ。

(2)深めのフライパンにサラダ油で強めの中火、炒り玉子を作ります。できあがったらひとまず取り出します。

(3)そのままのフライパンに追加のサラダ油で強火、鶏肉を炒めます(油がはねるので注意)。鶏肉に火が通ったらかき菜の茎の方を入れてざっと炒め合わせ、全体に油が回ったら葉の方も入れて炒め合わせます。全体がしんなりするまで炒めてから塩とブラックペッパーで味つけし、炒り玉子を戻したらざっと炒め合わせて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 鶏とたまごを使うから親子炒め、炒めものにできて特にクセの強くない青菜なら大抵のものに応用がききます。かき菜は菜の花と同系統の春野菜、栃木県の方では伝統野菜として盛り上げようという動きがあるらしく現住所の地域でも目にすることができます。菜の花と似ていますが若干風味がおとなしく、ほろ苦さもひかえめで使いやすさを感じます。一方、食感は茎がしっかりしていて強めなので、炒めものだけでなくゆでたり煮たりするともっと良さが出そうです。なお日本酒は清酒を使っているので料理酒の場合は塩加減をひかえめに。

 もう一丁は小松菜と油揚げの煮びたしです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 栄転じゃなくて単に昇進でも歓迎です。


 ラブリー面での昇進を切に願っております。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

かき菜の親子炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる