ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS じゃがいものバターしょうゆ煮

<<   作成日時 : 2016/02/25 00:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 入ると思って取り出した保存容器に煮物が入りきらなかった時の落胆を10とすれば、入ると思って買った本棚に本が入りきらなかったために100どころではない落胆を味わっている夜中料理野郎です。更に当初予定していた場所にその本棚を置いてみると予想以上にエアコンの邪魔になりそうだと判明した時の落胆は正直、数値化したくありませんと半端ないレベルで肩をがっくり落としながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 こういう時にはマイ定番で仕切り直し、じゃがいもです。

画像


(分量:その気になれば食べきれるひとりぶん)
 じゃがいも(男爵系)…中3個(平均φ約57mm、約355g)
 水…適宜(例として250mL)
 しょうゆ…大さじ2
 さとう…大さじ2
 バター…20g
 ほか分量外…見映えの青みを適宜

(作り方)

(1)じゃがいもは皮をむき、4〜6等分の肉じゃがっぽいサイズに切り分けたら鍋に敷き詰めてスタンバイ。

(2)ジャガイモを入れた鍋にひたひたの水を入れ、強火にかけます。沸騰したらアクを取って弱火にし、醤油と砂糖を入れたら落しぶた、更にその上から着せ蓋(普通のふた)をしてコトコト煮ます。

(3)ジャガイモの大きさや火力にもよりますが10分〜15分、串がスッと通るまで煮ます。最後は落としぶたを取り、火力を中火まで上げたらバターを投入します。バターがしっかり溶けたら鍋をゆすりながら煮汁とバターを乳化させて完了。火から下して普通にふたをし、粗熱が取れるまで冷めてから盛りつけます。

画像


 たぶんレシピとしては当ブログでもトップ級のリピート率だろうこの料理、ジャガイモだけを選択的に消費できるうえに必要な材料もシンプルで実に重宝します。ただ常に手なりで作るせいか、調味料の分量を材料の量で決めるべきか、はたまた煮汁に合わせるべきか、何度もレシピ化している割に法則が確立できていなかったという欠点もありました。これまでのレシピよりジャガイモの総量がやや少なめの本日、「水の量は常にひたひた」を前提にすれば煮汁の分量に対して調味料を決めてよいと思います。バターはただ溶かし込むのではなく、しっかり煮汁と乳化させて冷める過程で煮汁ごとジャガイモに吸わせるのがおいしさのツボ。

 もう一丁は塩鯖です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 ということで、改めて追加の本棚と置き場所を再考します。


 生き方を再考しようとするときりがないので棚上げします。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

じゃがいものバターしょうゆ煮 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる