ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘藍菜とエビのXO醤炒め

<<   作成日時 : 2015/09/22 01:28   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨晩は急な用事で夜中料理をお休みしました。ただ今週は今晩と明晩、更新できる予定です。その後は既にお知らせの通り、国慶節休みとその後の会社の引越しのためどーんと長期お休みの予定です。正直、仕事がらみの用が多すぎて一時帰国の準備がまったくできていないのですけど、せめて日本で買いこむ調味料くらいはリスト化しておきたいとせこい内幕を暴露して今夜もひとり、夜中に料理します。

 出回り始めました、甘藍菜です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのひとりぶん)
 甘藍菜…約155g
 むきえび(冷凍解凍)…約124g
 きくらげ…乾燥状態で約3g
 たまご(S玉級)…1個(約55g)
 塩…適宜(例として小さじ1/10くらい×2)
 こしょう…好きなだけ
 XO醤…大さじ1
 しょうゆ…小さじ1
 豆板醤…小さじ1
 紹興酒…大さじ1
 炒め油…サラダ油小さじ2+追加で小さじ2+更に追加で小さじ2
 ほか分量外…卵の下味に塩小さじ1/10くらい、きくらげを戻す水が適量

(作り方)

(1)甘藍菜は根元をちょっとだけ切り落とし、5cm長さくらいに切り分けたら大体でいいので葉と茎に分けておきます。戻したきくらげは石突(硬いところ)があれば除去し、大きければ食べやすくちぎります。卵は割りほぐし、塩で下味をつけておきます。XO醤・醤油・豆瓣醤・紹興酒はあらかじめ混ぜておきます。エビの水気をキッチンペーパーでしっかり取り、軽く塩・胡椒を振ってスタンバイ。

(2)深めのフライパンにサラダ油で中火、炒り玉子を作ります。できあがったら取り出します。そのままのフライパンに追加のサラダ油で中火のまま、エビを炒めます。これも火が通ったら取り出します。

(3)そのままのフライパンに更に追加のサラダ油で強火、甘藍菜の茎を炒めます。油がしっかり回ったら甘藍菜の葉ときくらげを入れ、葉っぱがしんなりするまで炒め合わせます。最後に海老と炒り玉子を戻し、混ぜておいたXO醤・醤油・豆瓣醤・紹興酒で味つけしたら、しっかり香りが立つまで炒め合わせて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 類似の過去レシピ紹介も兼ねた甘藍菜の紹介はこちら。XO醤は単体で成立しそうな味のものから塩や醤油等で補強する必要があるもの、辛味がついていたりいなかったり、意外とメーカーの違いが大きかったりします。ただ確実に共通しているのは海鮮との相性の良さ。過去レシピに海老を加えることで味つけをXO醤に変更してビンゴという本日です。レシピ的には三段階の炒めものになっていますが、これはエビに火が通り過ぎて縮んでしまうのが嫌だとか、炒り玉子は単独で作った方が見映えが良いとかいう都合なので、その辺雑になってしまえば(笑)どうにでも作れます。

 もう一丁はしめじです。ホットマリネみたいなのを狙ったんですがちょっとピントがずれた感じなのでまた修業します。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 できれば一時帰国の際にラブリーも入手したい。


 スーパーで入手できないのはよく分かっているつもりです。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
またまた、ご飯にもビールにも合いそうですね^ ^
プドン
2015/09/22 23:14
プドンさんこんばんは、コメントありがとうございます。はい、豆板醤でピリ辛にしているので実にビールに合います(←馬鹿)。
Zuki
2015/09/23 01:07

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

甘藍菜とエビのXO醤炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる