ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS マコモと豚の肉味噌炒め

<<   作成日時 : 2015/09/15 01:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ローカル市場といえどもスーパーと同様で、基本的に価格交渉はありません。ただ本当は100グラムでいいけど残りが120グラムだったので全部買いますと言ったりすると結果としておまけしてくれたり、残り3点のものを2点だけ買おうとすると、「割引するから3点買ってよ」的なことがあったりします。ラブリーをおまけしてくれる店があったら通うのですがと不毛な願望を口にして今夜もひとり、夜中に料理します。

 よく使う素材、マコモタケ。今夜は味噌味。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:1.5〜2人前くらいのひとりぶん)
 マコモタケ…約215g(φ42.5×L180×2本)
 豚バラ薄切り肉…約130g
 しめじ…約60g
 長ねぎ…約18g(φ21×L60mm)
 しょうが…みじん切りで大さじ1弱くらい(約12g)
 赤とうがらし…1本
 細ねぎ…見映え
 味噌(信州系米こうじ)…大さじ3
 さとう…大さじ1+1/2
 日本酒…大さじ1+1/2
 炒め油…ごま油大さじ2

(作り方)

(1)マコモタケは皮をむき、長さ5cm、幅1〜2cm、厚さ1mm以下を目安の短冊に切ります。しめじは石突を除去して適当にばらします。赤唐辛子と見映えの細ねぎは小口切り、長ネギと生姜はみじん切りにします。豚バラを食べやすいサイズに切ったら味噌・砂糖・日本酒はしっかり混ぜた状態でスタンバイ。

(2)深めのフライパンにゴマ油で中火、豚肉を炒めます。しっかり火が通ったらネギと生姜を入れ、香りがしっかり立つまで炒め合わせたらマコモを加えて炒め合わせます。マコモがしんなりし始めたらしめじと唐辛子を入れ、全体が均一になるまで炒め合わせます。最後に混ぜておいた味噌・砂糖・日本酒を入れたら全体にしっかりなじむまで炒め合わせて完了。盛りつけて見映えの細ねぎを散らします。

画像


 豚肉と野菜を味噌味で炒める、要は和テイストのホイコーロー的な作りなので、当然いろんな素材と相性の良い味つけの本日。ホイコーローより優しい味つけになるのでクセのない素材に対しても支配力が強くなり過ぎず、マコモのような素材にはこちらの方が向く気がします。例によって風味はつけたいけど必要以上に辛くしたくない唐辛子は、加熱時間を短くするためネギや生姜よりも遅いタイミングで入れています。

 もう一丁は扁豆をシンプルにゆでました。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 まあ別に、ローカル市場でラブリーは期待していないのですけど。


 だって基本的に皆さんテンション高いので。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

マコモと豚の肉味噌炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる