ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘藍菜とちりめんじゃこの炒めもの

<<   作成日時 : 2015/09/23 01:05   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

 業務連絡から入りますがかねてお知らせの通り、国慶節前休暇の食材整理の関係で明晩から夜中料理をお休みいたします。そして国慶節の休暇が明けると勤め先の引っ越しに伴う怒涛の出張者対応が待っているため、再開は11月に入ってからになる見込みです。そんなシメの記事になる割には食材整理のせいで実にしょぼいメニューになるのがお約束ですとオチにもならない文面で今夜もひとり、夜中に料理します。

 チャラッといきます、甘藍菜。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜ひとりぶん)
 甘藍菜…約150g
 ちりめんじゃこ…雑に大さじ2+1/2(約16g)
 日本酒…大さじ1/2
 みりん…大さじ1/2
 炒め油…ごま油大さじ1

(作り方)

(1)甘藍菜は根元をちょっとだけ切り落とし、5cm長さくらいに切り分けたら大体でいいので葉と茎に分けておきます。日本酒とみりんは混ぜた状態でスタンバイ。

(2)深めのフライパンにゴマ油で中火、ちりめんじゃこを炒めます。魚を炒める風味が出てきたら甘藍菜を入れて強火、葉っぱが60パーセントくらいしんなりするまで炒め合わせます。最後に混ぜておいた日本酒+みりんをじゅわっと入れたらアルコール分を飛ばす程度に炒め合わせて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 ちりめんじゃこに限らずアンチョビーとか、いわゆる素材についている塩味で野菜炒めの味を決める手法を取っている本日です。こちらのデパ地下で手に入るちりめんじゃこの場合は野菜の10分の1くらいの量でいい感じ、ただ塩味だけだと物足りないしジャコの風味が勝ちすぎるので、日本酒とみりんで味を調えています。また最初にジャコを炒めるのは余計な水分を飛ばして風味をよくするため、ゴマ油を使うのは更に香ばしさを上乗せするためです。シンプルなソテーで食べられる青菜なら応用範囲は広いと思います。

 もう一丁はポーク玉子です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 それではしばらくお休みいたします。


 ラブリー活動まで休まないよう心がけたい。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
全然しょぼくないですよー!
シンプル イズ ザ ベスト、
11月元気に帰って来て下さい^ ^

プドンより
プドン
2015/10/01 23:14
プドンさんこんばんは、お返事が遅れて申し訳ありません。

元気じゃないですけどどうにか帰ってました。今週はリハビリですね。
Zuki
2015/11/02 01:15

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

甘藍菜とちりめんじゃこの炒めもの ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる