ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS オクラのタッカルビ風

<<   作成日時 : 2015/08/14 01:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 オクラって英語なんだよ、というセリフの入ったCMがあります。そのオクラは漢字で秋葵と書くのですが実は中国語でも秋葵と書いていたりします。しかし人並み外れた馬鹿頭脳であることを自認してやまない夜中料理野郎の場合、中国から入った漢字に英語の読みを当てるという日本語の懐の深さではなく季節と書いてシーズンと読みます的なイメージが脳内を駆け巡るのですと白状して今夜もひとり、夜中に料理します。

 韓国ではどうなんでしょう。タッカルビ風に。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのひとりぶん)
 オクラ…約120g(φ20×L110mm×9本)
 鶏もも肉…約125g
 たまねぎ…約50g(φ94×H72mmの1/3個)
 炒りごま(白)…小さじ1
 炒め油…サラダ油小さじ2+ごま油小さじ2
 ほか分量外…オクラの下ごしらえをする塩が小さじ1/2強、オクラを下ゆでする熱湯1,000mL+塩小さじ1

[合わせ調味料]
 コチュジャン…小さじ2+1/2
 しょうゆ…小さじ2+1/2
 日本酒…小さじ2+1/2
 りんごジュース(100%)…小さじ2+1/2
 はちみつ…小さじ1+1/4
 韓国産粉とうがらし…小さじ1
 たまねぎ(すりおろす)…約25g(φ94×H72mmの1/6個)
 おろししょうが…小さじ1/2
 おろしにんにく…小さじ1/4

(作り方)

(1)合わせ調味料の材料を全部ボウルに入れてしっかり混ぜておきます。鶏肉は繊維と垂直に7mm〜1cm厚みでスライスし、別の容器に入れて合わせ調味料を大さじ1ほど拝借し、しっかりもみこんで(できれば)30分くらいほっときます。

(2)分量外の塩をひとつまみ取って片方の手のひらに乗せ、オクラを軽く握ってしごくように塩で摩擦します。産毛が取れたらヘタをちょっとだけ切り落とし、がくの周囲をくるりと面取りしておきます。下ごしらえが済んだら分量外の塩を入れた熱湯でジャスト1分下ゆでし、ザルに取って自然空冷しておきます。触れる温度になったら3等分くらいの長さで斜め切りにし、タマネギをタテ薄切りにしたらスタンバイ。

(3)深めのフライパンにサラダ油+ゴマ油で中火、鶏肉を炒めます。火が通ったらタマネギを入れ、透き通るまで炒め合わせたらオクラを投入します。ざっと炒め合わせたら残りの調味料をダッと入れ、いい感じに煮詰まってくるまで炒め合わせたら最後に炒りゴマを混ぜ込んで完了。えいっと盛りつけます。

画像


 本来は「鶏の骨付き肉」という意味らしいタッカルビ、でもそういうネーミングなら合わせる野菜で好き放題にアレンジできるという理由から、このブログでは単なる韓国風鶏野菜炒めにしてしまっている感の強い料理だったりします。守っている点といえば合わせ調味料をそれっぽく作ることと、それをあらかじめ肉にもみこんでおくことくらいの本日。なお、こちらのオクラは生食が前提ではないせいか1本ずつ確かめながら買っても少し硬めのものまで守備範囲に入れざるを得ないため、下ゆでの時間を1分とっています。生食OKの柔らかい日本のオクラなら30秒とか20秒でもいけると思います。

 もう一丁は枝豆です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 ゾウの嗅覚って犬の2倍なんだよ。へぇ。


 夜中料理生活って掛け値なしのおひとりさまなんだよ。ほっとけ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

オクラのタッカルビ風 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる