ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 草磨iフクロタケ)と毛豆(枝豆)の炒めもの

<<   作成日時 : 2015/08/11 02:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 日本が夏休みに入るといいことがある、そのひとつは日本から電話もメールも入ってこないので余計な仕事が増えないことだったりします。しかも日本待ちになった案件は休みの間の停滞が許容されますし、遅れ気味だった案件をこの間に取り返すことができたりもします。人生面でいろいろと出遅れていることについては周りがそう簡単に取り返せないのですがといつものオチで今夜もひとり、夜中に料理します。

 初お目見えの地元素材、草魔アとフクロタケです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜として1.5人前くらいのひとりぶん)
 草磨iフクロタケ)…約135g(φ25mm×18個)
 えだまめ(ゆでたもの)…50粒(約32g、さやつきで約50g)
 しょうが…500円玉3枚くらい(約10g)
 日本酒…小さじ1
 塩…適宜(例として小さじ1/4強)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 中華スープの素+お湯…スープとして40mL
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1/2+水小さじ1/2
 炒め油…サラダ油大さじ1
 ほか分量外…フクロタケをゆでる熱湯750m+塩小さじ3/4

(作り方)

(1)フクロタケは汚れていればキッチンペーパー等でふき取り、石突があれば除去してからタテ2等分にします(大きければ4等分のくし型切りにします)。ゆでた枝豆はさやから出してスタンバイ。

(2)分量外の塩を入れた熱湯に生姜を入れ、フクロタケをゆでます。ジャスト3分ゆでたらザルで水気をしっかり切っておきます。生姜は使わないのでここで除去します。

(3)ここからが炒めもの、フライパンにサラダ油で強火、フクロタケを炒めます。油が回ったら日本酒をじゅわっと回しかけ、激しい蒸発が一段落したら枝豆をざらざらと入れます。枝豆がしっかり温まるまで炒め合わせたら塩とブラックペッパーで味つけします。最後に中華スープをじゅわっと注いだら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 フクロタケの紹介は後ほど。自宅で自分が作ることを前提にするとあまり参考にできるメニューに出会っていなかったのと、意外と売切れ安くてレアもの感があった(笑)ことから、三年目にして初登場となりました。形を生かすには2等分しかせいぜい4等分のくし型切りくらいしか切り方がなく、半球型で実につかみにくかったりします。だったらいっそのこととろみをつけてレンゲでどうぞくらいのノリで、という本日。後述しますが下ゆで必須、スープにも塩味があるので、手前の味つけは薄めにするのがポイントとも言えないポイントです。

 コレが草魔アとフクロタケ。

画像


 中華やアジアンエスニックの本格素材を扱う店に行けば手に入るとはいえ、日本では缶詰が基本のフクロタケ。こちらでは実にポピュラーなキノコで、ローカル市場に行けばフレッシュなものを売っています。マッシュルームに近い食感と、椎茸とはタイプが違うけれど同様の影響力を持つ独特の風味が特徴。中国語のレシピを見ていると軒並み下ゆでしているので、とりあえずそれにならって下ゆでして使ったのですが、ゆでる最中は強い風味と共にアクも結構出る、多分そのままだと個性が強くて使いにくいのだと思います。シンプルに炒めたりスープに入れたりして、愛嬌のある形を楽しむのがよくあるパターン。下ごしらえの一手間が必要なせいか中国でもエリンギあたりが台頭してきているのですが、根強い支持があっていいキノコです。恒例、草魔フ無理矢理カタカナはツァオ・グー。

 もう一丁は焼きベーコンです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 人生では出遅れた上に停滞している項目もあります。


 料理の腕前です、で済むなら笑い話にできるのですが。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ふくろたけおいしいですよね 日本でも買えたらいいのにな
ちゃり
2015/08/12 07:23
ちゃりさんこんばんは、コメントありがとうございます。いやいや、フレッシュを使ってみると水煮缶詰のお手軽さがありがたいです。

とはいえ、日本でも少しは栽培されているのでフレッシュも手に入るみたいですよ。通販とかかなあ。
Zuki
2015/08/13 02:07

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

草磨iフクロタケ)と毛豆(枝豆)の炒めもの ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる