ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 茄子の南蛮漬け

<<   作成日時 : 2015/08/18 02:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本の夏休みが明けたとはいえ、昔の夜中料理野郎よろしくリハビリ期間を過ごしてくださる方のおかげで今日もまたのほほんと一日を過ごすことができている夜中料理野郎です。実際は日本が休んでいた分のとばっちりを一身に受けている部分もあったりするわけですが、休み明けですのでという前置きが入ったメールを見る度にうっすらと黒い感情を抱くのですとほめられない白状をして今夜もひとり、夜中に料理します。

 茄子で作る南蛮漬け、あっさりさっぱり。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜ひとりぶん)
 なす…約150g(φ63×L230mmのヘタ側120mm)
 赤とうがらし…1本
 穀物酢…大さじ2+1/3
 さとう…大さじ1+1/6
 塩…微量(例として小さじ1/10以下)
 日本酒…大さじ1
 しょうゆ…大さじ1/2
 水…小さじ1
 鰹だしの素…だし汁が112.5mLつくれる量(例として小さじ1/4)
 揚げ油…適宜

(作り方)

(1)赤唐辛子は3等分の長さに切って種を取り出しておきます。小鍋に穀物酢・砂糖・塩・日本酒・醤油・水・だしの素を入れて強火にかけ、ひと煮立ちしたら火からおろし、しっかり触るのは無理だなあ、くらいの温度まで冷めてきたら唐辛子を加えます。茄子を6〜8mmくらいの厚みでタテにスライスしたらスタンバイ。

(2)といっても後は揚げるだけ、170℃付近の油でナスに軽い揚げ色がつくまで揚げ、しっかり油を切ったら保存容器に並べます。そこに上から甘酢をたっぷりかけたら冷蔵庫で1晩寝かせて完了。盛りつけます。

画像


一晩寝かせていることでお分かりかと思いますが、昨晩オクラを揚げている横に茄子と南蛮酢がセットで待っていた、要は休日に仕込めるので翌日の手間ひまを減らせるという本日です。揚げびたしのアレンジみたいな感じで作ってみた南蛮漬け、茄子で作るとしみこみが良いので実においしいのですが、素材が淡白なだけに南蛮酢の甘みを抑えてスッキリ系に仕上げるか、だしの素とかで補強してコクをプラスするか、実に迷うメニューだなあと作ってみて初めて気づいています。なお赤唐辛子は断面積と加熱時間に辛味が比例し、レシピの通りだと後味がちょっと辛い程度。より辛口を目指すなら細かく切るか早いタイミングで投入、見映え程度でよい場合は甘酢がしっかり冷めてから丸ごと入れます。

もう一丁は塩鮭です。

画像


下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




あっさりさっぱり夏向きメニュー。


人生があっさりしすぎな点については今も全力で抵抗しています。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

茄子の南蛮漬け ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる