ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 咸肉(塩漬豚肉)と条茄(ひょろ茄子)の炒めたの

<<   作成日時 : 2015/07/16 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんなブログをやっているくらいですから夜中料理野郎は常識的な時間に夕飯を食べない生活パターンを持っています。出張者の肩書に応じて時にいいものが食べられたりする点は出張者対応の数少ないメリットですが、食べ慣れない時間帯に食事をするせいで出張者が帰った後は妙な時間帯におなかがすいたりします。つまみ食いしないようスナック菓子の購入は控えて今夜もひとり、夜中に料理します。

 先週初登場の上海素材、咸肉でチャラッと。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのひとりぶん)
 咸肉(塩漬豚肉)…約100g(W65×L55×H30mm)
 条茄(ひょろ茄子)…約230g(φ20×L310mmが3本)
 日本酒…大さじ1
 塩…適宜(例として小さじ1/8くらい)
 しょうゆ…小さじ2
 みりん…小さじ2
 炒め油…サラダ油大さじ1+ごま油大さじ1
 ほか分量外…咸肉の塩抜きをする水が500mL+さらす水が500mL

(作り方)

(1)咸肉(塩漬豚肉)は1mm厚みくらいの薄切りにし、分量外の水と一緒に鍋に入れて強火にかけます。グラッと沸いたら取り出し、別に用意した分量外の水にしっかりさらします。触れる温度になったらザルでしっかり水気を切っておきます。条茄(ひょろ茄子)はヘタを切り落として5〜7cm長さに切り、更にタテ2等分に切ります。醤油とみりんは混ぜた状態でスタンバイ。

(2)深めのフライパンにサラダ油+ゴマ油で中火、咸肉を炒めます。下ゆで済みなのでざっと油がなじんだら条茄(ひょろ茄子)をゴロゴロと加えて炒め合わせます。

(3)しんなりし始めたら日本酒をじゅわっと振り、アルコールの蒸発が一段落したら醤油とみりんをじゅわっと入れます。しっかりなじむまで炒め合わせたら塩で味を調えて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 豚肉の塩漬け、咸肉の紹介はこちら。ベーコンぽいと書きましたがよくよく考えると、加熱調理が前提の硬くて塩気が強い生ハム、と表現した方が風味的には近い気がします。前回に比べて下ごしらえの水の量を加減しているので、塩味を抜きすぎない分風味も残せている本日。オーソドックスな和風の味つけが茄子に合い、そこに咸肉の風味が加わって実にビールが進みます(←馬鹿)。ひょろ茄子こと条茄の紹介はこちらです。

 もう一丁は鶏毛菜でナムルを作りました。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 いいものが食べられる出張者は歓迎です。


 ただしメニューの決定権はないのですけど。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

咸肉(塩漬豚肉)と条茄(ひょろ茄子)の炒めたの ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる