ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜開花(ユウガオ)と鶏のオイスターソース煮

<<   作成日時 : 2015/06/16 02:01   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 予定より1日長くお休みをいただいて今晩から夜中料理を再開いたします。たまにしか帰らない日本なので滞在中はなるべく濃密な時間を過ごしたいと思ったりするわけですが、化学系エンジニアは密度の濃い時間という表現を見聞きすると、密度の表現は高い・低いなのにと思ってしまうわけです。まあ言うほど有意義には過ごせていませんとオチをつけて今夜もひとり、夜中に料理します。

 そろそろ出回る夏野菜、夜开花ことユウガオから。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:普通は2人前くらいのひとりぶん)
 夜開花(ユウガオ)…約425g(φ60×L420mmの下側200mm)
 鶏もも肉…約120g
 しいたけ…約40g(φ45×H25mmが3枚)
 お湯…300mL
 紹興酒…大さじ1
 オイスターソース…大さじ1+1/2
 しょうゆ…小さじ1
 水溶き片栗粉…片栗粉大さじ1/2+水大さじ1
 炒め油…サラダ油大さじ1
 ほか分量外…ユウガオを下ゆでする熱湯1,000mL+塩小さじ1

(作り方)

(1)夕顔はピーラーで皮をむいて1.5cmくらいの輪切りにし、分量外の塩を入れた熱湯でジャスト3分ゆでたらザルで水気を切っておきます。鶏肉はから揚げの半分くらいのサイズに切り分けます。椎茸は1枚を4分割くらいのそぎ切りにしてスタンバイ。

(2)鍋にサラダ油で中火、鶏肉を皮の面から炒めます。うっすら焼き色がつく程度に炒めたらひっくり返し、身の面も同じくらいに火を入れます。そこにシイタケを入れて油が均一に回るよう炒め合わせ、それから下ゆでしたユウガオをゴロゴロと入れます。油が軽く回る程度にざっと炒め合わせたらお湯を注ぎます。

(3)後は煮込むだけ、沸騰したら念入りにアクを取って弱火に落とし、紹興酒・オイスターソースを入れせてから醤油で味を調整し、落としぶたをして更に着せ蓋(普通のふた)もして8分ほど煮込みます。最後にフタを取ったら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。粗熱が取れてから盛りつけます。

画像


 鶏肉を使ったオイスター煮込みの代表的な過去レシピはこちら。ユウガオは冬瓜みたいな感じで調理できますが、冬瓜より火の通りが早い反面アクやちょっと個性的な風味があります。以前はアク対策で皮を厚めにむいたりしていたのですが、より食べやすさを考えてきっちり下ゆでをしている本日。オイスターソースだけでなく焼き目がつくまで鶏肉を炒めることも、ユウガオの風味対策に一役買っています。だしの素やスープの素を使わない代わりに鶏だけでなく椎茸のうまみも加えています。煮込み時間は結構とろとろになる加減なので、冬瓜ぽい歯応えを残したければ5分くらいで。

 もう一丁はほうれん草を安易にソテーしました。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 煮物はきっちり味が決まるとおいしいです。


 人生の味わいは常に希薄だと自覚しております。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

夜開花(ユウガオ)と鶏のオイスターソース煮 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる