ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 扁豆(フジマメ)と油方の煮物

<<   作成日時 : 2015/06/30 01:25   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 既に日付は変わって6月30日、当ブログ月末月初のお約束として2015年もまたラブリーな何かに出逢うこともなく1年の半分が無為に過ぎ去ってしまうことに寂寞の念を禁じ得ません、と要はおひとりさま非絶賛続行中ですというだけのことに何とかもったいをつけようと不毛な努力をする夜中料理野郎です。そんな努力をするくらいならラブリーを探す努力をしろという空耳を聞きながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 努力要らずのアレンジ献立、定番煮物を扁豆で。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:余ったら常備菜にするひとりぶん)
 扁豆(ふじまめ)…約200g
 油方(大)…約160g(1辺約35mm×15個)
 水…200mL
 しょうゆ…大さじ3
 さとう…大さじ2+1/2
 日本酒…大さじ1+1/2
 炒め油…ごま油大さじ1
 ほか分量外…油方の油抜きをする熱湯1,000mL

(作り方)

(1)扁豆はさやえんどうと同じノリでヘタと筋を取ります。分量外の熱湯で油方を油抜きしてスタンバイ。

(2)鍋にゴマ油で強火、扁豆を炒めます。全体に油が回り、ごくわずかに焼き目がつく程度まで炒めたら水をじゅわっと注ぎます。日本酒・砂糖・醤油を入れ、沸騰したら油方をゴロゴロと入れます。火力を弱めの強火に落としたら落し蓋をして4分煮て完了。粗熱が取れて煮汁が染みてから盛りつけます。

画像


 扁豆ことフジマメの紹介はこちら、ベースになっているインゲン豆のレシピは油方の小型版である小油方の説明も兼ねてこちら。相違点として大きな油方がたっぷり煮汁を含むよう煮詰めきらないレシピの本日、煮汁をたっぷり含む分を想定して味つけをコテコテよりわずかに薄めにし、扁豆は火の通りが早いので煮込み時間を短くしています。それでも香ばしさはつけたいので、カンカンに熱した鍋で短時間でざっと炒めているのですが、そこから4分でも扁豆の仕上がりは柔らかめ。ただこれ以上煮込み時間を短くすると油方にしっかり煮汁が入らないので、絶妙の食感バランスに仕立てるにはもうひと工夫が必要な気がします。味つけは定番なのでハズレなし。

 もう一丁は塩鮭です。もう少し魚の頻度を増やしたい。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 探す努力、してないつもりはないんですけどね。


 どういうわけかそっち方面は常に梅雨空です。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

扁豆(フジマメ)と油方の煮物 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる