ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 油面筋と茄子の煮物

<<   作成日時 : 2015/06/26 01:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 上海に住み始めて2年半、最近ふと思うのは、ずっと日本に住み続けていたらどんな生活をしていたのだろうということだったりします。色々なことを大きく変えるきっかけになるという点では海外赴任も効果的なのだな、と喉元過ぎれば何とやらで赴任当時の苦労も忘れて思ったりもします。ラブリー面だけは小さく変えることもままならない体たらくですがとお決まりのオチで今夜もひとり、夜中に料理します。

 地味に定番、茄子の煮浸し。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:ガッツリ2人前くらいのひとりぶん)
 油面筋…約65g(φ55mm×12個)
 茄子…約230g(φ51×L200mmが1本)
 細ねぎ…見映え
 昆布だしの素+お湯…だし汁として約450mL
 しょうゆ…大さじ2
 みりん…大さじ3
 日本酒…大さじ2
 炒め油…ごま油大さじ1
 ほか分量外…油面筋の油抜きをする熱湯1,000mL

(作り方)

(1)ナスはヘタを切り落とし、タテ2等分に切ってから隠し包丁を入れ、ひとくち大より大ぶりな乱切りにします。見映えの細ネギは小口切り、油面筋は分量外の熱湯で油抜きします。だし汁を用意してスタンバイ。

(2)鍋にゴマ油で強火、茄子を炒めます。身の面を優先的に炒めるようにし、軽く焼き色がつく程度まで炒めたらだし汁を注ぎます。再沸騰したら弱火、アクが出るようなら除去してから油面筋を入れ、日本酒、みりん、醤油で味を調えたら落しぶたをして7分ほど煮て完了。粗熱が取れてから盛りつけ、見映えのネギを散らします。

画像


 油面筋の紹介はこちら。茄子の煮浸しは定番中の定番で、たぶん過去にも何回か作っています。油面筋は麩の一種なので、煮物にするときには煮汁が足りなくならないよう、注意している本日です。茄子の水分で味が薄まるので、味つけの時には気持ち濃いめがいいです。油のコクは油面筋からも入りますが、茄子を胡麻油で炒めると香ばしさが加わってビーガンレシピでも納得の食べごたえ。それでいて砂糖を使わずみりんの甘みで勝負するので、ビーガンレシピらしくスッキリした味わいでもりもり食べられます。

 もう一丁は鶏のから揚げです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 日本に帰る時もいろいろと変わるのでしょう。


 ラブリー面を変える方法を知りたい。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

油面筋と茄子の煮物 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる