ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 芸豆(モロッコいんげん)の煮浸し・洋風

<<   作成日時 : 2015/05/12 01:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 衣替えの見極めを極端に苦手としている夜中料理野郎は、連休前にようやくいわゆる冬用の上着類をクリーニング店に持っていき、先日の休日にようやくダウン等の時間がかかるものを引き取ってきたところだったりします。正直、そんなタイミングで冬物をしまうから夏物を出し遅れるのかもしれないという感があったりします。人生でいろいろと出遅れていることについては気づかないふりをして今夜もひとり、夜中に料理します。

 素材の方はやや先取り、芸豆ことモロッコいんげん。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜ガッツリ二人前くらいのひとりぶん)
 芸豆(モロッコいんげん)…約195g(L210mm×11本)
 ブイヨンキューブ+お湯…ブイヨンとして270mL
 塩…適宜(例として小さじ1/16)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 炒め油…オリーブオイル大さじ1+1/2

(作り方)

(1)モロッコいんげんはヘタの部分をちょっとだけ切り落とし、1mm〜1.5mmくらいを目安に細い斜め切りにします。鍋とは別の容器にブイヨンを用意し、先に塩で味を決めてスタンバイ。

(2)鍋にオリーブオイルで強火、モロッコいんげんを炒めます。焦げないように動かしながら好みの硬さになるまで(個人的には3分くらい)炒めます。ブラックペッパーを強めに振り、ブイヨンをじゅわっと注いだらひと煮立ちさせて完了。冷めて味が落ち着いてから盛りつけます。

画像


 和風に仕立てたオリジナルレシピはこちら。とりあえず応用できるだろうと洋風を作ってみた本日、味的には申し分ないのですが、和風レシピと比べて動物性の油脂が冷蔵庫で固まる可能性があるので、ガッツリ冷やして食べたい時期は和風の方に分があるのかなという気も若干します。塩の分量は完全に好みなのですけど、ブラックペッパーをしっかりめに振っておくことで、薄味でも寝ぼけた感じになりませんし、濃いめの味つけになった時もバランスを取ってくれます(レシピ通りだと薄味方向です)。簡単だし手間もコツもいりませんが、炒め油のコクがそのまま料理としてのコクになるので、ヘルシーとか意識していても炒め油の減らし過ぎには注意。

 もう一丁はランチョンミートとスクランブルエッグです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 そしてまた夏の衣替えに四苦八苦するわけです。


 ラブリーには四苦八苦するところまでたどり着けていません。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

芸豆(モロッコいんげん)の煮浸し・洋風 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる