ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS マコモのアンチョビーきんぴら2015

<<   作成日時 : 2015/05/26 01:13   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 先日、街でセーラー服に紺のハイソックスという姿の女性とすれ違いました。こちらの学校の制服であるはずがないので、日本のサブカル的なものを好きな方がファッションとして着ていたのだろうと思うのですが、私の頭をよぎったのは、日本のセーラー服は上海だとコスプレの店とかで売られているのではないかという不安な推測だったりします。余計な心配なのは百も承知で今夜もひとり、夜中に料理します。

 制服との共通点は白さくらい、マコモタケです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜ひとりぶん)
 茭白(マコモタケ)…1本(実効寸法φ36×L210mm、約95g)
 アンチョビー…フィレ1枚(約4g)
 にんにく…みじん切りで大さじ1/2くらい(約7g)
 赤とうがらし…1本
 塩…小さじ1/4
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 炒め油…オリーブオイル大さじ1+1/2

(作り方)

(1)マコモはピーラーで皮をむき、約5cm長さに切ってから断面1mm角以下を目安の千切りにします。にんにくはみじん切り、赤唐辛子は小口切りにします。アンチョビーも細かく刻んでスタンバイ。

(2)フライパンにオリーブオイルで弱火、にんにくを温めます。香りがしっかり出たらアンチョビーを入れて炒め、アンチョビーの香りもしっかり出るまで炒めたらマコモを入れて、中火に上げて炒め合わせます。

(3)マコモの5割くらいがしんなりしてきたら赤唐辛子を入れ、全体がしんなりするまで炒め合わせたら塩とブラックペッパーで味つけして完了。えいっと盛りつけます。

画像


 類似の過去レシピはこちら、素材としてのマコモの紹介はこちらです。普通に作るきんぴらがおいし過ぎるせいでひねりすぎた感のある過去レシピを、王道のアリオ・オリオ(ペペロンチーノ)スタイルでまとめなおした本日。やはり炒めものと相性がいいのが破壊力抜群のおつまみ(オイ)に仕上がります。しょっちゅう書いていますが唐辛子の辛さは断面積と炒め時間で変わるので、辛いのが苦手な人は味つけの時に入れて風味づけ程度で。

 もう一丁はポークたまごです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 学生の頃からセーラー服とは無縁です。


 今さら縁があったら犯罪か危ないマニアになってしまいます。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
かぶの皮のアンチョビーきんぴら
 このブログでは折に触れて書いていることですが、夜中料理野郎は衣替えタイミングの見極めを明確に苦手にしています。それはつまり、昼間は暖かいけれど朝晩は寒いでしょうといった予報ならびくともしないのですが、明日は寒いけど土日は暖かいでしょうといった予報にはビクビクものだったりするということだったりします。どうせ乗り遅れると分かっていながら開き直れないココロの弱さを露呈して今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。...
2016/03/25 00:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

マコモのアンチョビーきんぴら2015 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる