ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 萵笋(茎レタス)と百叶とベーコンの煮物

<<   作成日時 : 2015/04/07 01:26   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 公開済みの夜中料理野郎の弱点のひとつに衣替えの見極めが下手、というのがあります。なかなか衣服を入れ替えないズボラさ加減も多少はありますが、春モードに切り替えた途端に花冷えに襲われるといった間の悪さの方が比重としては大きかったりします。先週はあやうく真夏日、今週は3月初旬に逆戻りという上海の天気に体調を崩しそうなレベルで翻弄されながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 寒いので煮物にします。ひさびさの萵笋(茎レタス)登場。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:2人前くらいのひとりぶん)
 萵笋(茎レタス)…約230g(φ50×H385mmの根元側110mm)
 百叶…約85g(W210×L360mm)
 ベーコン…約90g(W50×L210mm×3枚)
 鶏がらスープの素+お湯…スープとして300mL
 塩…適宜(例として小さじ1/8)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 ほか分量外…百叶を下ゆでする熱湯750mL

(作り方)

(1)萵笋(茎レタス)は2等分の長さに切ってから多角柱に削るような感じで皮をむき、1mm角くらいの千切りにします。百叶も同様に8cm長さ×1mm幅くらいの千切りにし、分量外の熱湯に入れて再沸騰するまで(約30〜40秒)湯がいたらザルで水気を切っておきます。ベーコンも1mm幅に刻んでスタンバイ。

(2)鍋に鶏がらスープを入れて強火にかけ、沸騰したらベーコンを入れます。再沸騰したら萵笋(茎レタス)を入れ、2分煮ます(途中で再沸騰したら弱火に落とします)。最後は再び強火、百叶を入れてから塩とブラックペッパーで味を調え、途中で再沸騰したら弱火にしつつ3分煮て完了。粗熱が取れてから盛りつけます。

画像


 ひさびさの登場となった茎レタスこと萵笋の登場はこちら。このブログでもお気に入り素材としてよく登場する百叶の紹介はこちらです。形状的には最初から細切りになっている干絲という素材があるのですけど、百叶を自分で切れば幅も長さも自分好みですし、ぶっちゃけローカル市場に行くと店頭で百叶を刻んで干絲を作っていたりするので(笑)。とうもろこしに似たふんわり甘い風味のある萵笋はその風味を生かすためにそのまま鍋に入れますが、百叶はこの比率でそのままだと風味が強すぎるので湯がいてから投入しています。ベーコンの塩加減で塩の分量は左右されますが萵笋を入れると明確に薄まるので、萵笋を入れる前にちょうどいいくらいなら早めに調節してもいいと思います。

 もう一丁は雑に作った玉子焼です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 まあ、間の悪さは衣替えに限ったことではないのですけど。


 こんな時間に料理する生活自体を変える必要があったりして。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

萵笋(茎レタス)と百叶とベーコンの煮物 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる