ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS たけのこと春菊のかき揚げ

<<   作成日時 : 2015/04/02 01:48   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 改装中だった床屋が先週無事に営業を再開し、頭の中身はともかく頭髪だけは当社従来比で多少さっぱりした夜中料理野郎です。もともと滅多に髪型を変えるタイプではないので、一度店員に憶えてもらえば上海だろうと日本だろうと大差はないのですが、その一度のハードルが高いのは海外暮らしならではだったりします。髪型のさっぱりは気持ちよくてもラブリー面がさっぱりなのは残念ですとお約束のオチで今夜もひとり、夜中に料理します。

 たけのこを揚げます。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのひとりぶん)
 たけのこ…約150g(φ55×H95mmの根元側60mm)
 茼蒿(スティック春菊)…約40g
 うすくちしょうゆ…小さじ2
 市販天ぷら粉…大さじ2
 天ぷら粉を溶く水…大さじ2
 揚げ油…適宜

(作り方)

(1)たけのこは繊維に沿った方向が長辺になるよう、幅1cm前後×長さ3cm前後×厚さ1mmくらいの短冊に切ります。切ったタケノコの水気をキッチンペーパーで取り、ボウルに入れたら薄口醤油を加え、しっかり混ぜてなじませておきます。

(2)スティック春菊は根元をちょっとだけ切り落とし、4cm長さくらいに切り分けます。市販天ぷら粉と水は、別路線で混ぜておきます。タケノコと春菊をそれぞれおよそ4等分にしたらスタンバイ。

(3)といっても後は揚げるだけ、タケノコと春菊の4分の1量を別のボウルに入れ、そこに別路線で作っておいた衣を大さじ1/2ずつ加えてしっかり混ぜたら170℃前後の油でカラッと揚げて完了。同じパターンで4枚作って盛りつけます。味がついているのでそのままOK。

画像


 たけのこの揚げものは去年も作っていますが、その時は単品でした。スティック春菊は普通の春菊より風味が大人しいうえに、揚げると更に風味が飛ぶので、このくらい入れてもタケノコの風味が霞むことはありません。素材の大きさや形をそろえるとかき揚げにしやすくなるので、スティック春菊に合わせてタケノコの形の方を工夫する本日。下味は薄口醤油でつけていますが、見映えの問題だけなので普通の醤油でもOKです。なお醤油の水分で衣が薄まるので、天ぷら粉と水の配合比はパッケージ表記より少し硬め。

 もう一丁は菜枝とベーコンの炒めたの。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 床屋から見れば、私が日本代表なのかもしれない。


 そんな意識はさっぱりありませんけど。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

たけのこと春菊のかき揚げ ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる