ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 白菜と鶏のうま煮

<<   作成日時 : 2015/03/05 01:28   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 スーパーの陳列棚にいつものビールが復活しているのを見て一安心、さっそく買い込んで意気揚々と店を出たものの、夜な夜なビールだけがお相手のおひとりさま生活の継続が果たして喜ぶべきことなのだろうかということに帰り道で思い至ってしまう夜中料理野郎です。異国に来ても日本時代と変わらず、真っ暗な部屋の電気を自分でつけて今夜もひとり、夜中に料理します。

 白菜でシンプルなうま煮を作ります。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのガッツリひとりぶん)
 白菜…約445g(φ95×H175mmの1/2玉強)
 鶏もも肉…約120g
 しょうが…約15g
 中華スープの素+お湯…スープとして300mL
 うすくちしょうゆ…大さじ1
 紹興酒…大さじ1+1/3
 さとう…小さじ1/2
 塩…小さじ1/4
 炒め油…ごま油小さじ2+サラダ油小さじ2
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ2+水小さじ2

(作り方)

(1)白菜は大きいもので3〜4cm角を目安のざく切りにし、大体でいいので根元側と先端側に分けておきます。鶏肉は5mm〜1cm厚みくらいにスライスします。生姜は厚さ1mm程度、4〜5mm角くらいに刻んでスタンバイ。

(2)鍋にごま油で強火、鶏肉を炒めます。軽く焼き色がついたらひっくり返し、裏面にも同様に焼き色をつけたら生姜を入れます。生姜を炒める香りが立ったら白菜の根元側をを入れ、油が何となく全体に回るように混ぜたら葉っぱも入れ、雑に混ざる程度に炒め合わせたところでスープをダッと注ぎます。

(3)紹興酒・薄口醤油・砂糖で煮汁の味を調えつつ沸騰したら弱火に落とし、20分ほどコトコト煮ます。白菜にしっかり火が通ったら改めて煮汁を味見して塩などで微調整し、火を止めたらフタをして30分以上放置して冷まします。

(4)最後は仕上げ、再点火して弱火〜中火で沸騰するまでしっかり温め直したら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 感覚的には八宝菜から素材をどんどん引き算、ごくごくシンプルにしていったら最終的に八宝菜とは一味違う仕立て&仕上がりになるだろうという安易な考えで作り始めています。白菜がとろとろになるまでしっかり煮込んでいますし、最後に片栗粉でとろみをつけていることから全体的には過去レシピの冶部煮に近い本日、煮ている間に煮汁が蒸発するので最初の味つけはやや薄め、途中で何回か味を確認しながら追加しています。どうせ冷ます時間を設けてしっかり煮汁をしみこませるので、火を止める直前に味が決まればOKです。熱々の上にとろみもついて生姜もしっかり、あったまるメニューです。

 もう一丁は性懲りもなくブロッコリーです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 引き算で作るシンプルなおいしさです。


 これ以上人生から幸せが引き算されると厳しいものがあります。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Zukiさんこんばんは。
うま煮、名前からもう美味しそう!
ブロッコリーの上のつぶつぶはピンクペッパーですか?
豆腐干と百叶、お鍋に合うんですね!
購入できるかチラっと見てみたけど、豆腐干糸という麺状の商品ならありました。
以前山口にお住まいだったんですね。
Zukiさんのアップデートがめ煮、好きです。
年齢も非公開ですか?
とても興味があるのですが
Umi
2015/03/06 22:56
Umiさんこんばんは、コメントありがとうございます。はい、ブロッコリーに乗せているのはピンクペッパーです。

干絲もガッツリ圧縮されて麺状に切られた豆腐製品です。こっちだと和え物や煮物で見かけますから、鍋でもいけそうですね。

済みません、年齢非公開です。仕事に関するやる気を一切見せていないブログなので(笑)、本人特定されると私は自業自得でも上司の監督責任が問われてしまいかねない点を考慮しています。

山口県にいた頃は、博多にもたまに行ってましたね。よく行ってたのは小倉の方ですけど。
Zuki
2015/03/09 02:03

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

白菜と鶏のうま煮 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる