ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 油面筋と青梗菜の洋風煮びたし

<<   作成日時 : 2015/02/27 01:34   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 某大手調味料会社によると、料理の腕前がめきめき上達するのは本気で始めてから2年くらいの間なのだそうです。そう考えると上海での自炊生活が2年を過ぎた夜中料理野郎も、目新しい食材等による伸びしろがいい加減なくなってきている気がしないでもなかったりします。ラブリーの伸びしろはまだある、俺はまだ本気出してないだけだと強がりを言って今夜もひとり、夜中に料理します。

 中華素材、油面筋。定番の煮びたしを洋風で。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:常備菜的な量のひとりぶん)
 油面筋(揚げ麩)…約60g(平均φ約50mm×12個)
 青梗菜…約245g(φ49×L180mm×3株)
 にんにく…小1片(約8g)
 ブイヨンキューブ+お湯…ブイヨンとして450mL
 塩…適宜(例として小さじ1/4強くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 ほか分量外…油面筋の油抜きをする熱湯が1,000mL

(作り方)

(1)油面筋は分量外の熱湯で油抜きをします。チンゲン菜は根元から見て十文字に包丁を入れ、タテ4等分にします。にんにくは根元を切り落としてからタテ2等分し、芽を取り除いたら木べら等で潰してスタンバイ。

(2)鍋にブイヨンを入れて沸かし、にんにくを入れます。弱火に落として油面筋を入れ、塩とブラックペッパーで濃いめに味つけしてから、ふたをして3分ほど煮込みます。

(3)油面筋がしんなりしたらチンゲン菜を入れて強火、再沸騰してアクが出るようなら除去してから弱火に落とし、落としぶた+着せ蓋(普通のふた)をして3分ほど煮ます。最後に火を止めたら蓋をし、粗熱が取れる程度まで冷まして味を含ませたら完了。盛りつけます。

画像


 作り方的には揚げ麩に相当する江蘇省は無錫の名物、油面筋。紹介は初登場のこちら。食感は違うものの油揚げみたいな使い方ができる素材で、肉ダネを詰めて煮たものは中華の定番だったりします。洋風の味つけでもイケることは確認済みなので、バリバリ中華素材の青梗菜と合わせてブイヨンで煮びたしにした本日。日持ちする素材のため、賞味期限に余裕がある限りスーパーでも生産日にこだわらずに売られているので、しっかり油抜きすることをお勧めします。青梗菜を入れると味がグッと薄まるので、入れる前の味つけは濃いめに。それでも不安なら火を止めた時に味見して薄かったら塩で微調整。

 もう一丁はポーク玉子です。

画像



 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 本気を出しさえすれば私だってあっという間に。


 言ってて空しくなるのはなぜなんだろう。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おかえりなさい!
ちゃり
2015/02/27 08:59
ちゃりさんこんばんは、お返事が遅くなり申しわけありません。

はい、おめおめと戻ってまいりました。よろしければ引き続きごひいきに。
Zuki
2015/03/02 02:07

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

油面筋と青梗菜の洋風煮びたし ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる