ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS にんじんしりしりー・バージョン7(豚ひき肉バージョン)

<<   作成日時 : 2015/02/04 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 既に日付は変わっていますが2月3日は節分でした。昔は節分といえばとりあえず豆、ひねって鰯くらいしか浮かばなかったのですけど21世紀に入ってから急激に勢力を伸ばしたアレのおかげで今では豆は撒くもの、食べる方も巻くものというオヤジすら言わないだろう駄洒落が脳内を飛び交っていたりします。暦が春になってもプライベートに春は来てませんと受験生には不吉なフレーズをかまして今夜もひとり、夜中に料理します。

 休暇のことも考えて、少し多めに仕込む常備菜。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜として4〜5人前のひとりぶん)
 にんじん…約320g(平均φ30×L175mm×3本)
 豚ひき肉…約160g
 たまご(M玉相当)…2個(2個で約120g)
 けずりぶし…ミニパック2袋(5g)
 ナツメグ(パウダー)…小さじ1/8
 泡盛…大さじ1
 塩…適宜(例として小さじ1/2)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 しょうゆ…小さじ2
 炒め油…サラダ油大さじ2

(作り方)

(1)にんじんは皮をむき、5cmくらいの長さの千切りにします。卵は割りほぐし、調味料もずらりと用意してスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油で中火、ひき肉を炒めます。色が変わりきったらナツメグを入れてざっと炒め、そこににんじんを加えて炒めます。しんなりしてくるまで(目途としてトータル3分)炒めたら泡盛を入れ、フランベにならない程度に全体をしっかり合わせながら風味を行き渡らせます。

(3)アルコールの蒸発が一段落したら塩とブラックペッパーで味つけし、ざっと炒め合わせてから今度は醤油を入れて炒め合わせます。最後に火を止めて溶き卵を回しかけ、ぐるぐる混ぜながらだいたい固まったら削り節を混ぜ込んで完了。えいっと盛りつけます。

画像


 リンクを貼るまでもないほど記事的に近接しているバージョン6、変わり種のバージョン5、構成的にはポークランチョンミートを使ったバージョン1に近いのですが、よくよく考えれば沖縄料理に豚肉を使って相性が悪いわけがなかったりします。結果として作った本人が驚くような完成度の本日、火を止めてから卵を入れてカラカラの炒り玉子になる前に取り出すようにしているのも最近の好みです。風味づけに使う酒は日本酒でも白ワインでもいいのですけど、蒸留酒の泡盛だと風味がしっかりつく割に全体的にはきりっと仕上がるので、塩でほぼ全体の味つけを決めるレシピに合います。醤油はあくまで風味程度で。

 もう一丁は鰯のうま煮とかいうもらいもの。出張者のおみやげです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 期せずして、節分ぽいものを食べている気がします。


 ラブリーぽいものは豆粒ひとつほども見当たらないというのに。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

にんじんしりしりー・バージョン7(豚ひき肉バージョン) ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる