ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS にんじんのガレット・再

<<   作成日時 : 2015/01/15 01:15   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 来るべき長期出張者対応に備えてやることといえば仕事はもちろんですが家にある材料の使い切り、それでいて帰宅時に小腹がすいているとかもう一杯くらい飲みたい時のための準備もしたくなるわけで、実のところ長期休暇の前より繊細な献立感覚が必要だったりするのですが、哀しいほど身近な人の理解は得られなかったりします。男子なのに主婦のようなストレスを抱えて今夜もひとり、夜中に料理します。

 使い切っていきましょう、にんじん。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコの副菜ひとりぶん)
 にんじん…約90g(φ39×H185mmの地面側85mm)
 小麦粉…小さじ2
 塩…小さじ1/8
 あらびきブラックペッパー…少々
 炒め油…サラダ油小さじ1×2+バター5g×2

(作り方)

(1)にんじんは長さ4cm前後、断面0.5mm角を目標にできるだけ細い千切りにします。切ったニンジンをボウルに入れ、塩・ブラックペッパー・小麦粉をまんべんなく混ぜたら大体でいいから6等分してスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油とバターのそれぞれ半量で弱めの中火、3枚分のニンジンをなるべく間隔を空けてフライパンに乗せます。菜箸などで軽くまとめてからターナーでギュッと押さえ、形を整えながら焼いていきます。端っこが焦げかけるくらいのところでひっくり返してまたギュッと押さえつけ、しんなりするまで焼いたら同じようにもう3枚焼いて完了。盛りつけます。

画像


 オリジナルはこちら。もう一丁でもたまに、見えないところではもう少し登場回数の多いこのレシピ、何が便利かといえばニンジンだけで作れてしまう、それも1枚あたり15〜20gなのでごく少量が極めて半端に残った時でも献立の見映え程度にはなるという小回りの良さ。オリジナルとの相違点は千切りの細さにこだわっているところと焼くときにギュッと押さえつけるところ、要は早く火が通るという時短的な要素です。塩とブラックペッパーのバランスひとつでおかず寄りにもおつまみ寄りにもなるので、薄味に作っておけば食べる時に調節することも可能。

 もう一丁はターサイでそぼろあんかけを作りました。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 感覚を共有してくれる相方を募集しています。


 そんな細かいオトコはお断りだと言われる気がしないでもない。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

にんじんのガレット・再 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる