ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 青梗菜と腐竹(湯葉)のチャンプルー風

<<   作成日時 : 2014/12/16 01:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 業務連絡から入りますが出張者対応のため来週はまるっと一週間ブログをお休みいたします。日本時代ならそのまま年末年始の休みに突入なのですが夜中料理野郎の勤め先は30日まで出勤なので最後に1回くらい更新できる予定です。既に今年の残りは24分の1を切ってしまっているのですが街自体にそんな雰囲気がないので歳の瀬気分がかなり薄い上海で今夜もひとり、夜中に料理します。

 季節感も薄い気がする、チャンプルー風。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:常識だと2人前弱くらいのひとりぶん)
 ちんげん菜…約220g(φ35×L150mm×8株)
 腐竹(中国湯葉)…乾燥状態で約40g(φ18×L205mm×8本)
 豚バラ薄切り肉…約120g
 にんにく…みじん切りで大さじ1/2強くらい(ミニ3粒、約8g)
 たまご…S玉相当1個(約55g)
 けずりぶし…ミニパック1袋(2.5g)
 泡盛…大さじ1
 塩(卵の下味)…適宜(例として小さじ1/18くらい)
 塩(全体の味つけ)…適宜(例として小さじ1/4くらい)
 しょうゆ…大さじ1
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 炒め油…サラダ油大さじ1+2/3
 ほか分量外…湯葉を戻す水が600mL

(作り方)

(1)分量外の水で30分戻した腐竹(湯葉)は5cm長さくらいに切り分けて破壊しない程度にしっかり水気を絞っておきます。青梗菜は根元に十文字の切り込みを入れる感じでタテ4つに切り分け、分割後に根元の部分を切り落としてバラバラにしておきます。にんにくはみじん切り、卵は割りほぐして下味の塩を混ぜたらスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油で強めの中火、豚肉を炒めます。色が完全に変わったところで青梗菜とにんにくを入れて炒め合わせます。葉っぱがしんなりするまで炒めたら腐竹を入れて更に炒め合わせ、泡盛をじゅわっと回し入れます。

(3)アルコールの蒸発が一段落したら鍋肌から醤油を注いで炒め合わせ、醤油を炒める香ばしい香りが立ったら塩とブラックペッパーで味を調えます。最後に溶き卵を回し入れて全体を炒め合わせ、火を止めたら削り節を混ぜ込んで完了。えいっと盛りつけます。

画像


 語源的にはちゃんぽんと同じルーツを持つと言われるチャンプルーですので、具だくさんの炒めものなら多分大抵のものがその範囲に入ると思います。それでも夜中料理的には豆腐が入っていないとチャンプルーとは言いにくい、と感じて「風」をつける本日。液体の調味料は腐竹が結構吸ってしまうので、風味のために醤油は入れても基本は塩コショウというスパルタンな味つけにしています。こういう場合、にんにくやブラックペッパーといった香辛料をはっきり使った方がボンヤリしない味に仕上がると思います。

 もう一丁はレンコンと豆腐干の炒め煮です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 のんびりと、というより淡々とした年末です。


 クリスマスに何もないからだと言われると返す言葉がありません。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

青梗菜と腐竹(湯葉)のチャンプルー風 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる