ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS カリフラワーとベーコンのなんちゃってマカオ風

<<   作成日時 : 2014/12/11 01:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本ではハロウィンの直後からクリスマスデコレーションが始まりますが、中国ではそもそも日本ほどクリスマスがイベント化されていませんし、米国人向けの場所ではハロウィンとクリスマスの間に感謝祭があるわけで、最近になってようやくクリスマスデコレーションが目につくようになってきていたりします。別に何の感慨も持ちませんがと今年もやさぐれた気分で今夜もひとり、夜中に料理します。

 色あいだけはクリスマス向けかも、カリフラワー。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:一般には2人前に近いひとりぶん)
 カリフラワー…約280g(φ133×H85mmの2/5株)
 ベーコン…約85g(W55×L220mm×3枚)
 にんにく…みじん切りで大さじ1/2強くらい(小2片、約8g)
 たまねぎ……約60g(φ79×H80mmの1/4個)
 マッシュルーム…約50g(φ42×H27mm×4個)
 カレー粉…小さじ1
 白ワイン…大さじ2
 塩…小さじ1/4
 ピンクペッパー…見映え
 炒め油…オリーブオイル大さじ1
 ほか分量外…カリフラワーを下ゆでする熱湯750mL+塩大さじ1/2、見映えの青みを適宜

(作り方)

(1)カリフラワーは小房に分けて分量外の塩を入れた熱湯でジャスト6分下ゆでし、ザルで水気を切っておきます。たまねぎはタテ薄切り、マッシュルームは5mm厚みくらいにタテにスライスします。にんにくはみじん切り、ベーコンを2cm幅くらいに切ってスタンバイ。

(2)フライパンにオリーブオイルで中火、ベーコンを炒めます。脂身の部分が透き通ったらタマネギを入れて炒めます。たまねぎが透き通ったらにんにくを入れて炒め合わせ、香りが立ったらマッシュルームも入れてざっと炒め合わせます。見た目が均一になる程度に炒め合わせたらカレー粉を振って炒めます。

(3)カレー粉を炒める香りが出てきたら白ワインをじゅわっと注ぎ、白ワインで温度が下がった場所に生クリームを入れます。最後にカリフラワーを戻したら全体にしっかりからめて完了。盛りつけて見映えの青みをあしらい、ピンクペッパーを散らします。

画像


 なんちゃってマカオ風は日本にいた頃から作っていますが、上海に住んで2年が過ぎた今もマカオでマカオ料理を食べたことがありません。おかげで私の頭の中では今もマカオ風といえばこのカレークリーム炒めです。実に12月らしい色あいだなあと自画自賛する本日、下ゆでの時点でカリフラワーにはしっかりめに塩をきかせているので、味つけの塩は他の具材にやや濃いめの味をつける程度の量です。

 もう一丁は豆腐と大根とにんじんと鶏の炒め煮です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 そもそも25日をしっかり祝わない日本の方が世界的には例外です。


 一緒に祝う相手がいない立場では単なる負け惜しみです。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

カリフラワーとベーコンのなんちゃってマカオ風 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる