ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 揚げ里芋のにんにく醤油だれ

<<   作成日時 : 2014/11/24 02:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 海の向こうの日本では先週、衆議院が解散していたりします。ぶっちゃけ2年前の12月初頭に上海に赴任した夜中料理野郎は2年前の選挙にタッチの差で参加していなかったりするわけで、個人的には消費税増税にも近頃の円安にも賛成した覚えなどなかったりします。誰に投票しようとどうせ自分が住んでいるわけじゃなしと非国民ぶりを発揮して今夜もひとり、夜中に料理します。

 非国民でも和食は作れる、里芋です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:気合でオトコのひとりぶん)
 さといも…約245g(φ40×H62mm×4ヶ)
 ブロッコリー…約50g(φ150×H135mmの1/6株)
 にんにく…8g(小2片)
 老抽(たまり醤油)…大さじ1
 醤油…大さじ1
 みりん…大さじ1
 オリーブオイル…大さじ1
 揚げ油…適宜

(作り方)

(1)里芋は皮をむきます。ブロッコリーは小房に分けます。にんにくを輪切りにしてスタンバイ。

(2)先ににんにく醤油だれ。スライスしたニンニクをオリーブオイルと一緒に小鍋に入れて中火にかけます。にんにくがきつね色になったら老抽・醤油・みりんをじゅわっと入れ、鍋をゆすって乳化させたら火から下します。

(3)後は揚げるだけ、揚げ鍋に揚げ油を入れ、里芋をゴロゴロ入れてから中火にかけます。そのままじっと待ち、150℃を超えて端々に揚げ色がつくまで揚げたら火が通っているので取り出して油を切ります。そのまま温度を170℃前後に保ち、ブロッコリーを入れたら房の端々に揚げ色がつく程度にサッと揚げて完了。里芋とブロッコリーを盛りつけて、にんにく醤油だれをダッとかけます。

画像


 ブロッコリー単品で作ったものが強烈においしかったので、合うだろう里芋で作ったらビンゴでしたという本日。相変わらず根菜の素揚げはズボラ戦法、10分以上かけて150℃を超えるくらいの火力であれば、最初から最後まで同じ火加減でOKというお手軽さ。中華のたまり醤油と言えるだろう老抽はこちらで初登場。揚げものである点を除けばコツもへったくれもないのですけど、タレに使う油はただのサラダ油より少し風味があった方がおいしいです。調味料をじゅわっと入れた時点で温度が下がり、余熱で火が入らなくなるので、にんにくはしっかり色づいて香ばしくなるまで加熱します。

 もう一丁はポークランチョンミートです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 さすがに国外在住者だと被選挙権はないみたいです。


 選ばれるようではニッポンの夜明けが遠のきそうですけど。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

揚げ里芋のにんにく醤油だれ ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる