ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 菜心の信太巻き

<<   作成日時 : 2014/10/22 01:16   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 思い起こせば2年前の今頃は自身に降って湧いた人生の転機に右往左往していた記憶があるのですが、生活スタイルこそがらりと変わっているものの夜中にひとりで料理する体たらくだけは変わりがないノー炊飯器ライフを上海でも送っている身としては、ヒトとして何が成長しているのだろうと不安になったりします。中国野菜に詳しくなりましたというのは親父ギャグですらないと自省しつつ今夜もひとり、夜中に料理します。

 菜心で和風、ひさびさの信太巻き。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:主菜として男のガッツリひとりぶん)
 菜心…約185g(L255mm×18本)
 油あげ…ハーフサイズ2枚(W75×H75mm、約15g)
 市販めんつゆ(2倍濃縮)…大さじ2
 めんつゆを薄めるお湯…大さじ3
 炒め油…サラダ油小さじ1/2
 ほか分量外…菜心を下ゆでする熱湯1,750mL+塩小さじ1+3/4、さらす冷水が適宜、油揚げの油抜きをする熱 湯が750mL

(作り方)

(1)菜心は根元をちょっとだけ切り落とし、分量外の塩を入れた熱湯で3分30秒ゆでたら分量外の冷水に取り、きれいにそろえてからギュッと絞ります。油揚げは分量外の熱湯で油抜きをし、ていねいに開きます。ゆでた菜心を2等分の分量に分け、油揚げの長辺方向に乗せてくるりと巻いたら爪楊枝で止めます。市販めんつゆをお湯で薄めたらスタンバイ。

(2)フライパンに少量のサラダ油で弱火、信太巻きを並べます。転がしながら軽く焼き目がつくまで軽く焼き、火を止めたらめんつゆをじゅわっと入れて完了。信太巻きを取り出して爪楊枝を抜いてから包丁で2等分の長さに切り、盛りつけてからフライパンに残っためんつゆをかけます。

画像


 油揚げで何かを巻いた料理の総称が信太巻き。しんたまき、ではなくしのだまきです。また稲荷寿司はこの法則に従わないので、酢飯の信太巻きとは呼びません。そのくらいしか書くことがない内容の本日、煮物に仕立てることが多い信太巻きですけど寸法の都合でフライパンを使った方が楽、だったら最初にちょっと香ばしさをつけて焼きびたし風にしましょうという趣旨で作っています。市販めんつゆなので面白味はなくても絶対に安心できる味に仕上がります。

 もう一丁はポークランチョンミートとスクランブルエッグ。日本時代だったらこういう時は100パーセント焼魚だった、くらいの変化はあります。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 変化はしていても成長はできていません。


 心がけの問題だと言われると返す言葉もない。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

菜心の信太巻き ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる