ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 百合根と油揚げと紫菜(海苔)の炒めたの

<<   作成日時 : 2014/08/14 01:23   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 中国で働き始めてから何度も経験していることですが、日本が休暇の時に働いていると日本から連絡が来ないので仕事がはかどる、でもはかどりすぎると今度はこちらから日本に連絡を取りたくなってしまうという奇妙な感覚にとらわれます。ありていに言ってしまえば日頃どれだけ日本の助けに頼っているかというだけのことなのですが、山と積まれた日本との連絡待ち案件をため息交じりに見やって今夜もひとり、夜中に料理します。

 季節は違っても純・和風。ゆり根です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜2〜3人前くらいのひとりぶん)
 ゆり根…1個(φ68×H40mm、約120g)
 油揚げ…日本感覚だと1+1/2枚(W65×L60mm×3枚)
 紫菜…約4g(分かる人には円盤1/4枚)
 赤とうがらし…1本
 しょうゆ…大さじ1+1/2
 みりん…小さじ1
 炒め油…サラダ油大さじ1
 ほか分量外…ゆり根を下ゆでする熱湯750mL+塩小さじ3/4、油揚げの油抜きをする熱湯750mL

(作り方)

(1)ゆり根は1枚ずつはがし、汚れや変色が激しい部分を除去してから分量外の塩を入れた熱湯でジャスト2分間ゆで、ザルに取って自然空冷します。油揚げは分量外の熱湯で油抜きしてから2等分に切り、5mm幅くらいの細い短冊切りにします。紫菜は軽くあぶって細かくちぎり、赤唐辛子は小口切りにします。醤油とみりんは混ぜた状態でスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油で強火、ゆり根を炒めます。油が全体に回る程度に炒めたら油揚げと赤唐辛子を入れてざっと炒め合わせます。そこに混ぜておいた醤油とみりんをじゅわっと入れ、紫菜も入れたら全体が大体均一になる程度に炒め合わせて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 日本では冬のものですが、上海では正反対の夏素材なのがゆり根。ありがたいことに日本で買うより明らかに安いので、こんなチープな炒めものに使ってしまう本日。下ゆでの時間は2分だとしゃっきり感はごくごくわずか、ほっくりした仕上げです。ほっくりしつつもしゃきっとした感じを残したければ1分から1分30秒、中華のようにシャキッとした歯応え重視なら下ゆでなしで。

 もう一丁は焼きベーコンと枝豆。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 日本のみなさまの声を待っています。


 いや、厳しい声に萌えるとかありませんから。脱がないでください。


 だから雑誌を閉じろ。道具をしまえ。大声を出すぞ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

百合根と油揚げと紫菜(海苔)の炒めたの ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる