ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ポーク玉子空芯菜

<<   作成日時 : 2014/08/05 01:37   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨夜は回線があまりに重くて更新を断念してしまいました。日本ではそろそろ夏休み直前モード、上海の日系企業にも何通りかあって、日本の企業のように夏休みを設けているところ、夜中料理野郎の勤め先のように人民政府カレンダーを優先して夏休みを設定しないところ、日本人と中国人で別々のカレンダーを使うところなどさまざまだったりします。別の企業で夏休みの支度に入る日本人を横目で見ながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 沖縄っぽく攻めます、空芯菜。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:2人前くらいっぽいひとりぶん)
 空芯菜…約200g
 ポークランチョンミート…約125g
 たまご…M玉相当1個(約60g)
 塩(卵の下味)…小さじ1/10くらい
 塩(全体の味つけ)…適宜(例として小さじ3/8)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 泡盛…大さじ1
 炒め油…サラダ油小さじ2+追加で大さじ1

(作り方)

(1)空芯菜は根元をちょっとだけ切り落とし、だいたい5cm長さに切り、大体でいいので茎と葉に分けます。この時根元に近い硬い部分の茎は包丁の腹などでつぶしておくか、面倒でもタテに2分割しておきます。ランチョンミートは5mm角くらいの拍子木切り、割りほぐした卵に塩とブラックペッパーで軽く下味をつけてスタンバイ。

(2)深めのフライパンにサラダ油で強火、炒り玉子を作ります。作ったら取り出しておきます。

(3)そのままのフライパンに追加のサラダ油で中火、ランチョンミートを炒めます。全体に焼き目がついたら空芯菜の茎の方を入れ、20秒くらいしっかり炒め合わせてから空芯菜の葉の方を入れます。葉っぱがしんなりするまで炒めたら泡盛をじゅわっと入れて軽く炒め合わせ、塩とブラックペッパーで味つけしたら炒り玉子を戻してざっと炒め合わせて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 ポーク玉子、というのは沖縄でポピュラーな組み合わせ。上海でも手に入れやすいこの二つの食材は、適当な野菜と組み合わせてそれっぽく炒めればそれだけで沖縄っぽい一皿になりますという本日。塩味はポークの塩加減に合わせて加減するので、塩の量を決めるときの味見は必ずポーク込みの状態で。ブラックペッパーをびしっときかせるとビールによく合うオトナ味になります。

 もう一丁はオクラの揚げびたしです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 もういくつ寝ると夏休み。日本ではそうでした。


 寝ていてはラブリーがやってこないのも理解しています。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ポーク玉子空芯菜 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる