ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 青椒肉絲に見える酢豚2014

<<   作成日時 : 2014/07/31 01:25   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 夏は暑いのがお約束です。暑ければだれるのもまたお約束です。しかしだれっぱなしでは社会人として成立しないのもまたお約束で、ココロは折れていても手と頭はどうにか働かせて日々をやり過ごすのが夜中料理野郎のお約束だったりします。三つ目までは正論なのにどうしても最後にオチをつけてしまうのはこのブログのお約束ですとしょーもない文面でまとめて今夜もひとり、夜中に料理します。

 夏のお約束、馬鹿メニュー。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのガッツリひとりぶん)
 ピーマン…約135g(φ44×L140mm×2個)
 赤パプリカ…約45g(φ61×H86mmの1/4個)
 黄パプリカ…約65g(φ75×H97mmの1/4個)
 豚ロース肉(脂身除去済みのブロック)…約120g
 ケチャップ…大さじ1+1/2
 さとう…大さじ1+3/4
 穀物酢…大さじ1+1/2
 しょうゆ…大さじ3/4
 紹興酒…大さじ1
 炒め油…サラダ油大さじ1

[肉の下味]
 しょうゆ…小さじ1
 紹興酒…小さじ1
 片栗粉…大さじ1/2
 サラダ油…大さじ1/2

(作り方)

(1)まず肉から。1mm〜1.5mm厚みを目安に繊維と平行にそぎ切りにし、更に繊維に沿って1mm〜1.5mmを目安の細切りにします。ボウルに切った肉を入れ、醤油と紹興酒をもみこんだら片栗粉をまぶし、くっつき防止にサラダ油をまぶしておきます。

(2)今日のピーマンは長いので2等分の長さに切り、ヘタとタネを落としてからタテ方向に1mm目安の千切りにします。パプリカもタテ方向に1mm目安の千切りにします。ケチャップ・穀物酢・醤油・紹興酒はあらかじめ混ぜた状態でスタンバイ。

(3)深めのフライパンに油を使わずに中火、まず肉を炒めます。ほぐしながら炒め、火が通ったら取り出しておきます。

(4)ざっときれいにしたフライパンにサラダ油で強火、ピーマンとパプリカを炒めます。ピーマンがしんなりし始めたら肉を戻し、ざっと炒め合わせてから砂糖で最初の味つけをします。そこに混ぜておいたケチャップ・穀物酢・醤油・紹興酒をダッと入れたらしっかりからまるまで軽く煮詰める感じで炒め合わせて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 ブログ開設以来、なぜか毎年この時期に作っている馬鹿メニュー。個人的にこういうふざけたのは好きですし、青椒肉絲ではないというだけで味もいけるので、ピーマンの時期に一度は作る定番となっています。昨年も含めてこのところは黒酢の仕立てだったのですが、今年は買ってきたピーマンのうち1個が、切っているうちに手がヒリヒリしてくるほど辛味があったので、ひさびさにケチャップ甘酢に仕立てた本日。過去レシピと違って水溶き片栗粉は不使用、食べるときにしっかりからめながらいただきます。

 もう一丁は冷やしトマトです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 夜中に料理するのがこのブログのお約束です。


 おひとりさまというお約束は早く廃止したいのですが。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

青椒肉絲に見える酢豚2014 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる