ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴーヤーとエビとたまごのXO醤炒め

<<   作成日時 : 2014/07/25 01:45   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 業務連絡から入りますがごくごくありふれた所用のため来週初日の夜中料理、ブログ記事的には月曜日の更新をお休みいたします。マクド○ルドの件で日本まで騒がしい今日この頃、もともとファーストフード店にはめったに行かないので思い起こせばH7N9インフルエンザの時にはケンタッ○ーがガラガラになっていたりしたなあ、と上海に住んでいながらまるで他人事のように今夜もひとり、夜中に料理します。

 そういうわけではありませんがシーフード。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのひとりぶん)
 ゴーヤー…約170g(φ50×L350mmの1/2本)
 むきえび(冷凍・解凍)…約95g
 たまご…M玉級1個(約65g)
 にんにく…小1片(約5g)
 たまごの下味…塩小さじ1/10くらい
 塩…エビの下味に小さじ1/8
 こしょう…エビの下味に少々
 薄力粉…ロス分込みで大さじ1弱くらい
 XO醤…大さじ1
 豆板醤…小さじ1/2
 しょうゆ…大さじ1
 紹興酒…大さじ1
 炒め油…サラダ油小さじ2、追加でサラダ油大さじ1/2+ごま油大さじ1/2

(作り方)

(1)ゴーヤーは縦半分に切って種とワタを取り、1mm厚みくらいの半月切りにします。にんにくも1mm厚みくらいに輪切り方向にスライスします。卵は割りほぐし、XO醤・豆板醤・醤油・紹興酒はあらかじめ混ぜておきます。むき海老に下味の塩と胡椒を振り、薄力粉をまぶしたらスタンバイ。

(2)深めのフライパンにサラダ油で強火、炒りたまごを作ります。できたら取り出します。

(3)そのままのフライパンに追加のサラダ油+ごま油で弱火、にんにくをゆっくり炒めます。半分くらいきつね色になったら取り出します。この時できるだけ、フライパンに油を残すようにニンニクだけを取り出します。

(4)そのままのフライパンで強火、エビを炒めます。表裏をひっくり返すように炒め、すぐに火か通るのでこれも油を残すようにエビだけ取り出します。

(5)そのままのフライパンで強火のまま、ゴーヤーを炒めます。透き通って軽くしんなりするまで炒めたらエビと炒りたまごを戻してざっと炒め合わせ、混ぜておいたXO醤・豆板醤・醤油・紹興酒を入れたら香りが立つまでしっかり炒めて完了。えいっと盛りつけて、にんにくチップを散らします。

画像


 ゴーヤーに負けない風味の素材と調味料、エビで中華なら文句ないだろうというイメージで組み合わせた本日。海鮮によく合うXO醤、現在使用しているのは辛くない銘柄なので好みで豆板醤を追加しています。炒めて取り出すというステップが多いのですけど、エビが縮むとか見映えとかを考慮してのことなので、気にしない時や気にする暇のない時は取り出さずにそのままどうぞ。

 もう一丁はモロッコいんげんの煮びたし。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 偽装すれば夜中料理野郎も売れるのでしょうか。


 ごまかしても高が知れているのが辛いところ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ゴーヤーとエビとたまごのXO醤炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる