ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS オクラの酢豚

<<   作成日時 : 2014/07/24 01:54   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 海外生活に慣れてしまうと日本的な規範から外れた行為をついついやらかしてしまう、という話をよく聞きます。上海に住む立場として注意するとしたらタクシーのドアを自分で開けようとしてしまうくらいは可愛い方で、赤信号でも渡れると思えば渡ってしまうとかはかなり警戒が必要な気がしていたりします。それがなくても残念人格のノー炊飯器野郎はどうするのかと不要な心配をしながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 心配無用、今夜のオクラは中華風。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのひとりぶん)
 秋葵(オクラ)…約135g(φ18×L110mm×12本)
 豚ももブロック肉…約120g(W50×D100×H26mm)
 にんじん…80g(φ40×L67mm)
 たまねぎ…約55g(φ77mm×H76mmの1/4球)
 中国黒酢…大さじ3
 さとう…大さじ1/2
 しょうゆ…小さじ1
 紹興酒…小さじ2
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1+水小さじ1
 揚げ油…適宜
 ほか分量外…オクラの下ごしらえをする塩が適宜(例として小さじ2くらい)

[肉の下味]
 しょうゆ…小さじ1/2
 紹興酒…小さじ1/2
 片栗粉…適宜(例として大さじ1弱くらい)

(作り方)

(1)オクラは軸を短く切り落とします。それから分量外の塩をスクラブだと思って少量手に取り、オクラをしごいてうぶ毛を落とします。塩をしっかり払い落とし、ヘタというかがくの部分の角を削るようにむき、斜め切りで2等分にしておきます。にんじんは乱切り、タマネギは3cm角くらいのざく切りにします。豚肉は酢豚っぽいサイズ(例として8等分くらい)に切り、片栗粉以外の下味の材料をもみこんでおきます。調味料を用意してスタンバイ。

(2)130℃前後の揚げ油で油通しをします。にんじんは3分、タマネギとオクラはそれぞれ1分。その間に豚肉の汁気を軽く切りながら片栗粉をしっかりまぶしておき、野菜の油通しが済んだら同様に130℃前後の油で2分30秒、油通しをします。

(3)仕上げは速攻、深めのフライパンに黒酢・砂糖・醤油・紹興酒を入れて強火にかけ、砂糖が溶けて周囲が沸騰してきたら油通しした材料をゴロゴロと入れます。ザッとからめたら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 夏らしい酢豚になるかなあ、というだけのノリで作った本日、オクラそのものと酢豚の相性はいいです。黒酢で作ってみましたがもう少しキリッとした酸味の方が夏向きかもという点と、オクラのとろみがあることを計算せずに水溶き片栗粉を使ったのでがっちりしたとろみになりましたというのが今後の改善点のような気がします。油通しをしていますがこれは他に工夫のしようがなかっただけなので、お手軽派なら下ゆでとかで。

 もう一丁はモロッコいんげんの煮びたし。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 挨拶代わりにキスしている国とかは大変だと思います。


 ええ、うらやましいとか思っていませんよ。ちっ(オイ)。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

オクラの酢豚 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる