ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 茄子と豚肉のオイスターソース炒め

<<   作成日時 : 2014/07/01 01:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 既に日付は変わって7月、月初めのお約束として今年もまた何ひとつ胸を張れるできごとのないまま1年の半分が過ぎてしまいましたと書き出す夜中料理野郎です。日本では高い不快指数に多くの方が悩まされているだろうこの時期、上海ではやけに過ごしやすい日々が続いていたりするわけですが、昨年の猛暑を思い出すとどこかで帳尻合わせが来るのではないかと今から心配しつつ今夜もひとり、夜中に料理します。

 ローカル市場は夏モード、茄子の登場。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのひとりぶん)
 茄子…約150g(φ52×L290mmの先端側140mm)
 豚バラ薄切り肉…約120g
 たまねぎ…約45g(φ65×H70mmの1/4個)
 しょうゆ…大さじ1+1/3
 紹興酒…大さじ1+1/3
 オイスターソース…大さじ1+1/3
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1+水小さじ1
 炒め油…サラダ油大さじ1+追加で大さじ1+1/2
 ほか分量外…つけあわせの野菜類を適宜

(作り方)

(1)茄子は2等分の長さに切り、食べやすいようタテに6〜8分割します。たまねぎはタテに薄く、1〜2mm厚み見当でスライスします。豚バラは食べやすい大きさに切ります。醤油・紹興酒・オイスターソースはあらかじめ混ぜた状態でスタンバイ。

(2)深めのフライパンにサラダ油で中火、たまねぎを炒めます。透き通ったら豚バラを入れ、肉の色が変わるまでしっかり炒めたらひとまず取り出します。

(3)そのままのフライパンに追加のサラダ油で強火、茄子を炒めます。何となくしんなりしてきたら肉とタマネギを戻して均一になるよう炒め合わせます。混ぜておいた紹興酒・醤油・オイスターソースを入れ、オイスターソースを炒める香りがしっかり立つまで炒めたら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。つけあわせの野菜と一緒に盛りつけます。

画像


 夜中料理的には完全に手なりのオイスターソース炒め、醤油・酒・オイスターソースがすべて同量というズボラレシピです。利点はズボラなことですが弱点はオイスターソースの多さ、銘柄によっては牡蠣臭くなることだったりします。ありがたいことに日本時代の指定銘柄は上海でもかなり普通に買えたりします。レシピ自体は説明不要と思うのですが肉を炒めて出てくる油をうまく使って茄子を炒めたいので、いったん取り出す時はフライパンにできるだけ油を残すような感じで。

 こちらが上海で買ったナス。

画像


 デカいんですよね。日本でも産直の店などに行けば大きなサイズは見かけますし、長茄子が多く栽培される西日本だとその傾向がより強まることも知っていましたが、上海のローカル市場では小ぶりなものを見つける方が難しかったりします。

 もう一丁は昨晩のレシピ、マコモタケのきんぴらです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 本格的な夏もすぐ近くです。


 人生の春は過ぎ去っていないはずだと言っておきたい。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

茄子と豚肉のオイスターソース炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる