ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS マコモタケ鶏肉絲

<<   作成日時 : 2014/06/16 01:24   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 実にひさびさの更新となりました。休んでいる間の出来事はいろいろあるのですけど、とりあえず今晩はリードしていたのに立て続けに2点も取られたあの試合のことで持ちきりだろうと思います。勝つことばかりが全てではないという負け惜しみを人生レベルでつぶやいている全力負け組の夜中料理野郎が言うのも何ではありますが、とりあえず見守っていこうと思いますと頼りないコメントを寄せて今夜もひとり、夜中に料理します。

 ひさびさの登場は、マコモタケから。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:意外と普通にひとりぶん)
 茭白(マコモタケ)…正味約80g(φ37×L180mm×1本)
 鶏むね肉…約75g
 細ねぎ…見映え
 塩…適宜(例としてトータルで小さじ1/4)
 日本酒…大さじ1
 こしょう…好きなだけ
 鶏がらスープの素+お湯…スープとして150mL
 炒め油…サラダ油大さじ1+1/2

(作り方)

(1)マコモタケは外の葉をむいて硬いところを削ったら5〜7cm長さに切りわけ、マッチ棒より細い千切りにします。鶏肉は繊維に沿って根性が尽きない程度に細い細切りにします。見映えの細ねぎは小口切り、鶏がらスープを用意してスタンバイ。

(2)鍋を強火にかけ、しっかり熱くなってからサラダ油を入れます。しっかりサラダ油を鍋になじませてから鶏肉を入れて炒めます。火が通り始めるとこびりつきが収まるので全体が均一になるよう炒めていき、色がしっかり変わるまで炒めたらマコモタケを入れて炒めます。

(3)マコモタケがしんなりするまで炒めたら塩と胡椒で味つけし、日本酒をじゅわっと振ります。アルコールの蒸発が一段落したところで鶏がらスープを注ぎ、ひと煮立ちさせたら最後に塩で味を調えて完了。汁ごと盛りつけて見映えの細ネギを散らします。

画像


 イネ科なのに食感からタケと名付けられているマコモタケ、紹介はこちらです。実のところ体調はまだ戻りきっておらず、歯茎のどこかが日替わりで軽く痛みますしリンパ腺の腫れはまだ収まっていません。ということでもう少し強い食感でもいいのですがごく細切りにして優しい食べ口に仕立てる本日です。そこから派生して肉は鶏、スープの仕立て、紹興酒ではなく日本酒とおとなしい仕上がりになる構成のてんこ盛り。煮物と呼ぶにはちょっと煮込み時間が短すぎる気もしますが、分類を裏切らないほっとする内容であることは保証します。

 もう一丁は枝豆です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 そんなこんなで再開いたしました。


 そうです、見守ってほしいのは私の方だったりします。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

マコモタケ鶏肉絲 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる