ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 菜心と豚の玉子とじ

<<   作成日時 : 2014/05/20 01:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨晩は諸事情により夜中料理をお休みいたしました。某割烹着リケジョの話もワイドショー的な進展が少なくなると他の話題に押されていくわけですが、近い時期に話題になったメロスの速度に関する中学生の提言に関しても、彼の将来を考えたら厳しく検証するべきと思う夜中料理野郎です。夜中にひとりで料理する妙な大人に育てないためですといつものオチにつなげて今夜もひとり、夜中に料理します。

 上海に来てから多い気がする玉子とじ、本日は菜心で。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜ひとりぶん)
 菜心…約180g(φ17×L240mm×8株)
 豚バラ薄切り肉…約125g
 たまご…2個(MS玉くらい、2個で約115g)
 しょうが…小さめ1片(約8g)
 水…大さじ3
 しょうゆ…大さじ2+1/3
 さとう…大さじ1+5/6

(作り方)

(1)菜心は根元をちょっとだけ切り落として5cmくらいの長さに切り分け、茎が太いなと思ったらタテに2等分しておきます。生姜は千切りにします。豚バラを食べやすいサイズに切ってスタンバイ。

(2)玉子焼き用の四角いフライパンに水・醤油・砂糖を入れて強火にかけます。煮立ったら生姜と豚肉を入れ、色がしっかり変わったら菜心を入れます。そこにアルミホイルで作った落とし蓋をして弱火、5分煮ます。

(3)菜心がしんなりしたらフタを取り、盛りつけやすいように分割しておきます。最後に溶きたまごを流し入れたら盛りつけやすく固まるまで待って完了。分割線に沿って取り出しながら盛りつけます。

画像


 通い始めて1年とちょっと、日本と同じ種類の野菜も数多く売っているはずのローカル市場で思うのは、中国の人は青物野菜に対して日本人よりしっかりした食感を求めているのではないかということ。春菊アスパラは日本のものより茎の比率が明確に高いですし、この菜心にしても小松菜に似ているけれど茎ははるかにたくましい。そうなると日本人的には逆に、しっかり加熱しても失われにくい食感を活かせる煮物にしたいと思うのが玉子とじの増えた理由じゃないかと自己分析する本日です。作り方や味つけは類似レシピの踏襲なので特にコメントはありません。

 もう一丁はにんじんのガレットです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 メロスは土壇場でも黒い風のように走ったそうです。


 このブログは叩かれても走れないポンコツがお送りしております。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

菜心と豚の玉子とじ ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる