ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS たけのことアスパラの黒酢炒め

<<   作成日時 : 2014/05/05 01:39   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 業務連絡から入りますが今週の夜中料理も今晩と明晩くらい、それ以降は更新をお休みする予定です。実は勤務先に新しい駐在員が来るのですけど、直前の赴任者であり現地の日本人では最も下っ端という分かりやすい立場の夜中料理野郎が十中八九、手取り足取り生活の手ほどきをすることになるからだったりします。晩メシの食べ方といっても夜中に料理しろとは教えられないのでとオチをつけて今夜もひとり、夜中に料理します。

 中国ならではの旬の組み合わせ、たけのことアスパラです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

→レシピブログ

(分量:一般的に2人前くらいのひとりぶん)
 春筍(ゆでたもの)…約205g(φ40×H150 mm×2本)
 アスパラガス…約180g(φ19×H320 mm×4本)
 鶏がらスープの素+お湯…スープとして150mL
 さとう…大さじ3
 中国黒酢…大さじ2
 しょうゆ…小さじ1/2
 紹興酒…小さじ1/2
 水溶き片栗粉…片栗粉大さじ3/4+水大さじ1
 炒め油…ごま油大さじ1

(作り方)

(1)ゆでタケノコは5cm長さくらいに切り、太い部分はタテに2等分してから2mm厚みくらいでタテにスライスします。アスパラは根元をちょっとだけ切り落とし、下半分はピーラーを使って皮をむきます。調味料類も手元に用意してスタンバイ。

(2)深めのフライパンにゴマ油で強火、アスパラを炒めます。油が全体に回ったら動かさずに少し待ち、わずかに焼き色がついたらタケノコを入れて炒め合わせます。全体が均一になったら鶏がらスープをじゅわっと注ぎ、弱火に落として約3分煮込みます。

(3)後は仕上げ、砂糖・醤油・黒酢・紹興酒を入れて強火に火力を上げ、紹興酒のアルコール分が蒸発する風味が一段落したら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 個人的に大好きなアスパラとタケノコなので、どう作っても個人的にはおいしく食べられるだろうという観点から完全に手なりで作っている本日です。ゴマ油で炒めて風味をつけてから鶏がらスープを注ぎ、アスパラにしっかり火を通すと同時にタケノコもしっかり温めるという構成。レシピをよく見ると分かるのですが上海のアスパラは日本のものに比べて長いし太い、キングサイズです。穂先ではなく完全に茎を食べる野菜として扱われているのだと思います。

 もう一丁はムートートです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 新任の駐在員といっても自分より上司だったりします。


 上司も人生も選べないので今ここにいます。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

たけのことアスパラの黒酢炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる