ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 萵笋(茎レタス)と豆腐干の炒めたの

<<   作成日時 : 2014/04/09 01:42   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 朝は何となくひんやり感じるものの上海でもあちらこちらで桜に限らず花が咲き、PM2.5の存在を頭から追い出して公園などに行けば世間的には春の風情です。そしていつものように夜中料理野郎の身の上に置き換えると朝に限らずココロとフトコロはひんやりしていますし、人生における春とか花とかのきざしはPM2.5の係数を知りたくないほど先が見えませんとド派手な摩天楼を空しく見上げて今夜もひとり、夜中に料理します。

 摩天楼ほどじゃないけどにょにょき伸びる、ステムレタスです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜として2人前くらいだろうひとりぶん)
 莴笋(茎レタス)…約185g(円錐近似でφ43×L345mmの地面側125mm)
 豆腐干…約90g(W67×D75×H13mmの1+1/2枚)
 塩…適宜(例として小さじ3/8弱くらい)
 さとう…小さじ1/4
 こしょう…好きなだけ
 炒め油…ピーナッツオイル大さじ1+1/2

(作り方)

(1)萵笋(茎レタス)は削る要領で皮をむき、4cmくらいの長さに切ったら3mm角くらいの拍子木切りにします。豆腐干は2等分してから3mm厚み見当、やや厚めの短冊切りにしてスタンバイ。

(2)フライパンにピーナッツオイルで強めの中火、萵笋(茎レタス)を炒めます。目安として3分半、焦がさないよう常に動かしていても端々に焼き色がついてくるまで炒めます。

(3)最後に豆腐干を加えてしっかり温まるまで炒め合わせたら砂糖・塩・胡椒で味を調えて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 茎レタス、ステムレタスなどと呼ばれる萵笋の紹介はこちら。何かの野菜と豆腐干を炒める、というのはこちらのド定番。家庭料理だけに雑に作ってもそれなりにおいしいのですが、加熱が足りず食感が強すぎたり、逆に野菜の水分で炒め煮みたいになったりといった不具合が出ないよう、太さ・火加減・炒め時間を工夫してみた本日です。個人的にはトウモロコシっぽさを感じる甘い風味がある萵笋(茎レタス)なので、砂糖で重みを補強するレシピとの相性もいいと思います。

 もう一丁はサーモンをソテーにしました。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 ええ、パーッと散る以前に咲いていませんから。


 いやパーッと飲みにも行きませんよ。サイフを触らないでください。


 いいから手を離せ。怪しい名刺を入れるな。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

萵笋(茎レタス)と豆腐干の炒めたの ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる